1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. HealthDay News
  5. 有酸素運動が高齢者の脳を若返らせる?

【連載】【HealthDay News】メディカル・ヘルスケア関連のニュースをお届け

有酸素運動が高齢者の脳を若返らせる?

  • 公開日: 2020/5/28
  • 更新日: 2021/1/6

 たとえ長い間、座ってばかりいる生活を送っていた高齢の人でも、有酸素運動を半年間行うことで、思考力や記憶力は向上する可能性があるとする研究結果を、カルガリー大学医学部(カナダ)のMarc Poulin氏らが報告した。有酸素運動により脳への血流が増大し、加齢による影響にも対抗できるのだという。Poulin氏は「どんな人でも、加齢とともに頭脳や身体は衰えるものだ。しかし、年をとってからでも運動を始めることは、脳にとても大きなベネフィットをもたらす可能性がある」と述べている。この研究論文は「Neurology」5月13日オンライン版に掲載された。
イメージカット
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

「痴呆」から「認知症」に変わり家族の不快感は減った?

 現在「認知症」と呼ばれる状態は以前、社会的にも医学的にも「痴呆」と呼ばれていた。しかし「痴呆」には侮蔑的な含意があることから、2004年に厚生労働省などの主導によって「認知症」に変更され現在に至っている。筑波大学人間系の山中克夫氏らは、この変更により認知症本人の家族の不快感

2021/1/26