1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. [動画]インフュージョンリアクション(IR)の発生機序、症状、投与時の注意点、観察項など|セツキシマブ投与で起こる副作用【PR】

【連載】セツキシマブの重大な副作用とその治療・ケア

[動画]インフュージョンリアクション(IR)の発生機序、症状、投与時の注意点、観察項など|セツキシマブ投与で起こる副作用【PR】

  • 公開日: 2020/8/21
  • # 注目ピックアップ
  • # がんの副作用ケア
  • # 動画

セツキシマブ(アービタックス®)を使用した際の特徴的な副作用であるインフュージョンリアクション(infusion reaction:IR)について解説します。

一般にモノクローナル抗体の点滴静注製剤を使用する際には、IRが発現する可能性があります。
IRの症状としては、下記のようなものが挙げられます。

重症度別の症状

発現時期は、多くは初回投与中または投与終了後1時間以内となっていますが、2回目以降の投与でも観察されているため、注意が必要です。
ショック症状を引き起こすこともあるため、観察項目と対処法を知っておくことが大切です。

この動画では、発生機序、症状、投与時の注意点、観察項目、予防法、発現時の対処法について解説しています。

動画は3分30秒程度です。

アービタックス®に関する詳しい情報はこちら
アービタックスのロゴ

大腸がん
https://hcp.merckgroup.com/jp-ja/oncology/erbitux/erbitux-in-crc/limited.html

頭頸部がん
https://hcp.merckgroup.com/jp-ja/oncology/erbitux/erbitux-in-scchn/limited.html

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

給食栄養委員会で取り組む!患者さんのQOLの向上を目指した排便コントロール【PR】

  実施の背景  リハビリテーション病院である熱川温泉病院は、回復期リハビリテーション病棟(41床)と療養病棟(158床)を備えています。療養病棟では、経管栄養により便秘症状を呈する患者に対し、下剤や浣腸による排便コントロールを行うことが少なくありません。しかし

2021/10/13