1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. [動画]間質性肺疾患の発現機序、症状、治療|セツキシマブ投与で起こる副作用【PR】

【連載】セツキシマブの重大な副作用とその治療・ケア

[動画]間質性肺疾患の発現機序、症状、治療|セツキシマブ投与で起こる副作用【PR】

  • 公開日: 2020/8/22
  • # 注目ピックアップ
  • # がんの副作用ケア
  • # 動画

セツキシマブ(アービタックス®)を使用した際の特徴的な副作用である間質性肺疾患について解説します。

薬剤性の肺疾患の大部分は間質性肺疾患であり、そのほとんどが急速に進行します。
肺胞隔壁やその周辺の間質に炎症をきたす疾患ですが、発現機序は現在のところ明らかになっていません。

また、間質性肺疾患の発現を予測することは非常に困難であるため、対策は早期発見・早期診断・早期治療が重要となります。そのため、間質性肺疾患でみられる症状や身体所見について知っておくことが大切です。

動画では、間質性肺疾患の発現機序、発現頻度、症状、身体所見、治療などについて詳しく解説しています。

動画は3分30秒程度です。

アービタックス®に関する詳しい情報はこちら
アービタックスのロゴ

大腸がん
https://hcp.merckgroup.com/jp-ja/oncology/erbitux/erbitux-in-crc/limited.html

頭頸部がん
https://hcp.merckgroup.com/jp-ja/oncology/erbitux/erbitux-in-scchn/limited.html

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

<オンラインセミナー>がん治療における皮膚障害のケアに強くなろう!【PR】

2021年2月18日・24日に第一三共ヘルスケア・ナース専科共催セミナー「がん治療における皮膚障害のケアに強くなろう! <基本編><実践編>」が開催されました。 <基本編>ではがん治療における皮膚障害がなぜ起こるのか、そのメカニズムや種類、予防法について紹介され、ケアの

2021/5/14