1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. [動画]ざ瘡様皮疹、皮膚乾燥・亀裂、爪囲炎の発現のメカニズム・治療・患者指導|セツキシマブ投与で起こる副作用【PR】

【連載】セツキシマブの重大な副作用とその治療・ケア

[動画]ざ瘡様皮疹、皮膚乾燥・亀裂、爪囲炎の発現のメカニズム・治療・患者指導|セツキシマブ投与で起こる副作用【PR】

  • 公開日: 2020/8/23
  • 更新日: 2021/1/6
  • # 注目ピックアップ
  • # がんの副作用ケア
  • # 動画

セツキシマブ(アービタックス®)を使用した際の特徴的な副作用である皮膚症状(ざ瘡様皮疹、皮膚乾燥・亀裂、爪囲炎)について解説します。

皮膚症状が起こる詳細なメカニズムは不明な部分は多いものの皮膚に発現しているEGFRに結合することで角化異常を惹起し、そこから毛包炎を発現することによると考えられています。

皮膚症状の発現時期は症状によってさまざまですが、ざ瘡様皮疹はセツキシマブ(アービタックス®)投与から3週間以内に認められ、3〜5週目以降に皮膚乾燥・亀裂、4〜8週を目処に爪囲炎がみられることが多いと言われています。

皮膚症状のメカニズムや発現時期、発現頻度、用量調整や皮膚症状のコントロール、患者支援について動画で詳しく解説しています。

動画は4分程度です。

アービタックス®に関する詳しい情報はこちら
アービタックスのロゴ

大腸がん
https://hcp.merckgroup.com/jp-ja/oncology/erbitux/erbitux-in-crc/limited.html

頭頸部がん
https://hcp.merckgroup.com/jp-ja/oncology/erbitux/erbitux-in-scchn/limited.html

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第3回 オピオイド誘発性便秘症(OIC)看護のポイント【PR】

オピオイド鎮痛薬による副作用のひとつにオピオイド誘発性便秘症(OIC)があります。OICに苦しむ患者さんに適切なケアを行うために、オピオイド鎮痛薬導入前の観察ポイント、オピオイド鎮痛薬使用中の排便コントロール、患者さんへの説明、精神的サポートについて解説し

2020/12/25