1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 医療従事者にもHIVの正しい理解を!~「はたらく細胞」コラボ漫画に込めた想い~【PR】

医療従事者にもHIVの正しい理解を!~「はたらく細胞」コラボ漫画に込めた想い~【PR】

  • 公開日: 2022/5/13
  • # 注目ピックアップ
  • # 感染症

『はたらく細胞』×ギリアド・サイエンシズ 特別インタビュー


近年、抗HIV薬の目覚ましい進歩により、HIV感染者は非感染者と同様に寿命を全うできるようになった1)。2016年には、適切な治療により血中HIV RNA量が持続的に抑制されているHIV感染者は、他者にHIVを感染させないことを示す”U-U”(Undetectable=Untransmittable:検出限界値未満=HIV感染しない)というメッセージが米国を中心に発信され、世界保健機関(WHO)や米疾病対策センター(CDC)などの賛同を受け世界的なムーブメントとなっている2)。しかし、日本の医療機関および介護施設などでは、いまだにHIV感染者の受診または入所が断られる事例が散見されるという。HIVに対する正しい理解の促進に向けた医療従事者側の課題とは何か。人気漫画『はたらく細胞』(講談社)とコラボレーションしたオリジナルストーリー『はたらく細胞 HIV特別編』および『はたらく細胞 HIV検査編』(ともにギリアド・サイエンシズ提供)の医療監修を担当した千葉大学医学部附属病院 感染症内科・感染制御部 講師の谷口俊文氏にお話を伺った。

 

インテグラーゼ阻害薬の登場でHIV治療が進歩

― HIVを取り巻く現在の状況について教えてください

 以前とは異なり、HIV感染症は早期に発見し適切な治療を受ければ、病状を悪化させることなく日常生活が送れるようになりました。今では、高血圧や糖尿病のようにコントロールできる慢性疾患として治療が可能になっています。

 目覚ましい進歩を遂げてきた抗HIV薬の中でも、HIVインテグラーゼの触媒作用を阻害することでウイルス抑制効果を発揮するインテグラーゼ阻害薬(INSTI)によりHIV治療は大きく変わり、『抗HIV治療ガイドライン』において初回治療時に選択すべき抗HIV薬の1つとして推奨されています1)。現在、多くのHIV感染者に処方されているビクテグラビルナトリウム・エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩配合剤(商品名ビクタルビ配合錠(c))は、食事に関係なく1日1回1錠を服用すればよく、良好なアドヒアランスが期待できます。同薬は、多くの併存疾患を有する高齢者でも服用できる例が多いのも特徴です。

 ただし、治療が遅れると免疫の状態が悪化し、病状が進行してしまうため、HIVを早期に発見することが極めて重要です。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック以前は、各自治体の保健所や検査施設で無料かつ匿名のHIV検査を実施していましたが、パンデミック以降はCOVID-19への対応に追われ、検査を中止せざるをえない自治体が続出しました。保健所などにおけるHIV検査数および相談件数は、2019年と比べ2020年には半減しています(図13)。また2020年にHIV感染者数が大きく減少した一方で、エイズ患者は4年ぶりに増加に転じており(図23)、検査が受けられないためにHIVの診断が遅れている患者が増えている可能性が指摘されています。

 ただ、HIVに感染しても直ちにエイズを発症するわけではなく、多くは数年から10年程度の無症候期を経験します1)。そのため、 2020年に見られたエイズ患者の増加が、本当にコロナ禍に伴うHIV検査数の減少による影響かどうかは慎重に見極める必要があり、2021年の状況も踏まえて判断したいところです。

― HIV検査数の減少に対しては、どのような対応が求められるでしょうか

 COVID-19への対応で多忙を極める保健所にHIV検査体制の整備を求めるのは現実的ではないので、郵送検査や自己検査キットの活用など、医療機関に行かなくても検査が行えるような体制をつくることも一案と考えます。

 また、日本の保健所では梅毒検査時にHIV感染の有無についても調べられますが、英国のロンドンでは、HIVをはじめ梅毒、淋菌、クラミジアなどの性感染症を簡便にスクリーニングできる“Dean Street Express”というセクシャルヘルス外来が普及しています。タブレット機器を用いて検査の手続きなどを簡略化し、検体の採取もスピーディーに行うもので、利用者は90分以内にスクリーニング結果をスマートフォンで確認することができます。必要に応じて適切な医療機関を案内する体制も整備されており、公費で運営されているため無料または低額で検査が受けられ、1日当たり200~300人が訪れているそうです。今後、日本でもこうしたセクシャルヘルス外来の整備を進めていく必要があるかもしれません。

図1 保健所などにおけるHIV抗体検査および相談件数

図2 HIV感染者およびエイズ患者新規報告数の年次推移

(図1、2とも厚生労働省エイズ動向委員会.令和2(2020)年発生動向年報.https://api-net.jfap.or.jp/status/japan/nenpo.html

 

適切な治療を受ければ、体液曝露でも感染しない


― 一部の医療機関では、HIV感染者の受診を断るケースがあるようです

 HIV感染者は、適切な治療を受ければ日常生活を送る中で他者にHIVを感染させるリスクはほとんどありません。

 現在、“U=U”というキーワードが世界的に発信されています。これはUndetectable= Untransmittableの略称で、血中HIV RNA量が200コピー/mL(検出限界値)未満の状態を6カ月以上保っているHIV感染者は、性行為などを通じて他者にHIVを感染させるリスクがないことを端的に伝えるもので、HIVに対する正しい理解を促進するための世界的なキャンペーンです。

 ところが、HIVに対する理解が十分でない医療機関や介護施設などでは、HIV感染者の受診や入所が断られるケースが見受けられます。通常、標準予防策(スタンダード・プリコーション)を実施していれば、さまざまな感染性病原体による院内感染の予防が可能ですが、HIVに関しては、標準予防策が十分でない場合でも、血中HIV RNA量が検出限界値未満にコントロールできていれば、体液曝露などによる感染が成立することはほとんどないのです。

 HIVの治療では、定期検査で血中HIV RNA量が検出限界値未満にコントロールできているかを確認しているため、そうした検査結果を踏まえた上で安心して診療を行ってもらいたいと思います。

― HIVに対する正しい理解の促進に向けて、どのような取り組みが必要でしょうか

 先述した“U=U”の概念が広く共有されることが重要だと思います。この言葉は非常にシンプルなのでメッセージが伝わりやすく、多くのHIV感染者が「適切な治療を受け、 HIVの増殖を抑制できていれば、誰かにHIVを感染させることはないんだ」と安心感をもって日常生活を送れるようになりました。医療従事者においても、血中HIV RNA量が検出限界値未満であれば、万が一体液曝露があってもHIVの感染が成立するリスクはない点が明確に伝わるため、HIV感染者に対する心理的バリアの解消につながります。世界中で認知が広がりつつある“U=U”というパワーワードを、医療従事者を含めた多くの人に知ってもらう必要があると思います。

 また、HIV感染血液による針刺し事故が起こった場合のマニュアル整備も重要です。適切なマニュアルの整備を促すことで、HIV感染者の受け入れも進むのではないでしょうか。

 

医療現場でも活躍! 『はたらく細胞』とコラボしたオリジナルストーリー


― 『はたらく細胞』とコラボレーションした「HIV特別編」「HIV検査編」は、HIV感染者やその周囲の人も含めて、HIVの正しい理解を広く伝えていく意義ある取り組みですね

 今回、両作品の医療監修を担当することになり、とても光栄に思っています。HIV感染症という複雑な病態についても、『はたらく細胞』のストーリーで描かれることですんなりと頭に入ってきやすくなりますし、HIV検査の重要性を伝えていく上で素晴らしい機会をいただいたと考えています。

 作中、重要な役割を果たす抗HIV薬が登場するのですが、そのデザインをよく見ると、実は“U=U”を表現したものになっています。医学的に見て不正確な内容がないように細心の注意を払うと同時に、そうしたHIVに関するメッセージを込める工夫も行いました。

― 最も印象に残っているシーンはどこですか

 「HIV特別編」のラストでHIV感染により増殖した真菌の撃退に成功した後、HIVに感染してしまったヘルパーT細胞とキラーT細胞が相対するシーンです。原作でも戦友として描かれていた2 人が別れを惜しむこのシーンには感動しました。私はとても気に入っています。

 完成した漫画の冊子およびウェブページはHIV感染者やパートナーの方、ご家族などにお見せしたり、SNSを通じて紹介したりしています。医学生や看護学生をはじめ、医療従事者にもお薦めです。特にHIVの診療に携わる看護師にはとても好評で、患者さんに漫画のことを紹介すると興味を持ってもらいやすく、「HIVという病態の理解を深めてもらえた」「検査の重要性を理解してもらえた」といった感想をよく耳にします。

 これまでHIVにあまり関心を持っていなかった人にも『はたらく細胞 HIV特別編』および『はたらく細胞 HIV検査編』などを通じて、HIVの早期発見や検査の重要性、 “U=U”の概念を認識していただき、HIVに対する正しい理解がさらに広がってほしいと願っています。

 

(c)清水茜・かいれめく/講談社



(c)清水茜・かいれめく/講談社


はたらく細胞キャンペーンページはこちら ▶ https://hiv-hataraku-saibou.com/

 



【文献】
1)HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班. 抗HIV治療ガイドライン(2021年3月発行)
2)Prevention Access Campaign https://preventionaccess.org/
3)厚生労働省エイズ動向委員会.令和2(2020)年発生動向年報.https://api-net.jfap.or.jp/status/japan/nenpo.html




 

添付文書情報はこちら ▶ https://www.g-station-plus.com/product





この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

<オンラインセミナー>訪問看護で必要なスキンケアの知識とケアの実践【PR】

訪問看護の現場である在宅では、病院とは異なり限られた物品でケアを行います。今回のオンラインセミナーでは、訪問看護で求められる在宅療養者のスキンケアの基本に触れ、具体的なスキンケアの方法、さらに在宅スキンケアに必要なことについて、詳しく紹介していただきました。その模様をレポート

2022/5/16

アクセスランキング

1位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
2位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
3位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは  気管吸引ガイドライ...

250001
7位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
8位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
9位

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくな

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【関連記事】 * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 血管が見えない患者...

250750
10位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812