1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [医療提供体制] コロナワクチンの累計接種回数2万8,530回に 厚労省

[医療提供体制] コロナワクチンの累計接種回数2万8,530回に 厚労省

  • 公開日: 2021/3/2
 厚生労働省は2月26日、新型コロナウイルスワクチンの先行接種の接種実績(2月22日-2月26日)について公表した。4日間合計の接種回数は、2万3,491回。接種が開始された17日からの累計接種回数は2万8,530回となった。接種を行った施設数は、22日95施設、24日96施設、25日100施設、26日100施設。 また新型コロナワクチンの接種後の副反応疑いについては、22日に1件の報告があり累計は3件となった。新たに報告された症状は、「脱力(手足が上がらない)、発熱」だった。>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[医療提供体制] コロナワクチン被接種者の健康観察で中間報告 厚労省

 新型コロナウイルスワクチン「コミナティ筋注」の2回目の先行接種を受けた人の9割超が接種部位の痛みを感じており、約7割が体のだるさを感じたとする集計結果を厚生労働省が9日の厚生科学審議会・副反応検討部会などの合同会合で公表した。約4割に37.5℃以上の発熱症状が出た。 新型コロナ

2021/4/13