1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. スキンケア
  5. 専門家が教える!スキンケア用品の基礎知識

【連載】スキンケアのワザを極める!

専門家が教える!スキンケア用品の基礎知識

  • 公開日: 2014/11/9
  • 更新日: 2020/3/26

洗浄剤、保湿剤、剥離剤、被膜剤・・・スキンケア用品にはさまざまな種類があります。

今回は、洗浄剤と保湿剤の特徴や選び方のポイントについて、皮膚・排泄ケア(WOC)認定看護師がわかりやすくレクチャーします。


1 皮膚洗浄剤

役割と特徴

水だけでは落ちにくい汚れを落とすことができるため、皮膚の保清に欠かせません。

しかし、必要な皮脂も洗い流してしまうため、乾燥をまねいてしまうことがあります。

また、洗い流しが不十分だとかゆみや炎症を引き起こす原因となります。

選び方のポイント

洗浄剤は、アルカリ性と弱酸性に大別されます。

  1. アルカリ性:洗浄力が強い。健康な皮膚への使用は特に問題ないが、毎日用いる場合は保湿を行う
  2. 弱酸性:皮膚への刺激が少ない。皮膚疾患やドライスキンの人にも使用できる

ちなみにベビー石けんは強アルカリ性です。皮脂や汗の分泌が多い小児を対象として作られているため、じつは洗浄力が強いのです。

洗浄剤の種類とpH

洗浄剤の種類とpH

使い方のポイント

そのまま皮膚につけると刺激が強すぎるため、必ずよく泡立ててから使います。

やわらかな素材のタオルやスポンジに適量をとり、厚みのある泡になったら、泡を皮膚に乗せて手で軽く延ばします。「タオルでこする」ではなく、「泡でこする」ことが大切です。

最後は、洗浄剤が残らないようによく流してください。

続いては、「2 皮膚保湿剤・皮膚保護剤」について解説します。
>> 続きを読む

新着

保湿剤の選択はどうする? 適切な量はどれくらい?

ul.section-nav{display:none;} 目次 保湿剤の使い分け 保湿剤の適切な量 塗布する際のコツ・注意点 準備 塗り方 保湿の目安 保湿する部位 保湿のタイミングと回数 【引用・参考文献】 保湿剤の使

2019/6/16