1. トップ
  2. 看護記事
  3. すべての連載
  4. 急変を見逃さないためのフィジカルアセスメント

急変を見逃さないためのフィジカルアセスメント

記事数:6

"連載「急変を見逃さないためのフィジカルアセスメント」の記事一覧です"

「急変を見逃さないためのフィジカルアセスメント」の記事一覧

6件/6件

SBAR(エスバー)|分かりやすい報告の仕方

分かりやすく相手に伝える手法 SBAR(エスバー) フィジカルアセスメントも最終回となりました。 これまで、フィジカルアセスメントのスキルについて、『意識レベル』『呼吸』『脈拍』『血圧異常』『ショック』とお伝えしてきました。 最終回は、これらの異常を「分かりやす

2009/11/22

ショックの5Pとは?ショックの起きる原因と対処方法

ショックとは? 私たちが日常会話で用いる「ショック」とは、急に加わる強い打撃や心理的衝撃を示しています。 つまり、なんらかの事件や事故を見聞きした時、災害にあった時などに体験するのがこの「ショック」に当てはまります。 時々、ショック死という言葉を聞きますが、心理的衝

2009/9/8

血圧とは?血圧測定に関する注意点

▼バイタルサインについて、まとめて読むならコチラ バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について 血圧とは?  今回は、毎日測定している血圧について、再度振り返ってみます。  血圧とは、『血管内部の圧力』をさしますが、一般的には上腕動脈の血圧値をいいます

2009/7/12

脈拍触診(触知)で知り得る情報をフィジカルアセスメントに生かす

 私たちは通常の検温時、脈拍触診(触知)で「脈拍数」をカウントします。また、心電図モニターを装着している患者さんの場合、そこに表示される「脈拍数」の観察や、「波形」の観察を行っています。  実は、脈拍触診(触知)でも多くの情報を収集することもできますが、みなさんは活用し

2009/5/12

酸素解離曲線とは?酸素解離曲線に沿った看護ケア

▼酸素療法についてまとめて読むならコチラ 酸素療法とは?種類・目的・適応・看護 酸素解離曲線とは  多くの看護理論のフィジカルアセスメントの最初には、「空気」「酸素化」と表現は異なりますが「体内に溶け込んでいる酸素飽和度」を理解することは、重要であるということで

2009/3/12

意識レベルとアイウエオチップス

意識レベルとアイウエオチップス 次年度改定される看護基礎教育カリキュラムのひとつに、フィジカルアセスメントがあります。 もう一度基礎から勉強!・・・というのも手ではありますが、培った臨床知に少しのエッセンスをプラスすることで、日々のフィジカルアセスメントが変わるはずで

2009/2/17