1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. バイタルチェック
  5. 脈拍触診(触知)で知り得る情報をフィジカルアセスメントに生かす

【連載】急変を見逃さないためのフィジカルアセスメント

脈拍触診(触知)で知り得る情報をフィジカルアセスメントに生かす

  • 公開日: 2009/5/12

 私たちは通常の検温時、脈拍触診(触知)で「脈拍数」をカウントします。また、心電図モニターを装着している患者さんの場合、そこに表示される「脈拍数」の観察や、「波形」の観察を行っています。

 実は、脈拍触診(触知)でも多くの情報を収集することもできますが、みなさんは活用していますでしょうか? 第3回目は、循環器に関するフィジカルアセスメントのなかでも「脈拍」に焦点をあて、触診で得た情報をどのように看護ケアに活用するのかということをご紹介します。


▼バイタルサインについて、まとめて読むならコチラ
バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について


もう一度押さえよう!脈拍測定の基礎のキソ

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント

Aライン確保とは?  Aライン(arterial line、動脈ラインとも)確保とは、動脈内にカテーテルを留置することです。 Aライン確保の適応  持続的な血圧のモニタリング(観血的動脈圧測定)や頻回な動脈採血が必要な場合、マンシェットによる血圧

2019/3/6