1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. バイタルチェック
  5. パルスオキシメータ|正確に測定する方法とうまく測定できないときの対応

【連載】酸素の上げどき?下げどき?

パルスオキシメータ|正確に測定する方法とうまく測定できないときの対応

  • 公開日: 2018/5/23
  • 更新日: 2020/3/27

▼サチュレーション(SpO2)について、まとめて読むならコチラ
サチュレーション(SpO2)とは?基準値・意味は?低下の原因と対応


パルスオキシメータで正確に測定するには?

 パルスオキシメータは簡易的に測定ができるので、酸素化の指標として広く使用されています。しかし、不正確な数値が検出されることもあるため、数値だけで判断することは危険です。使用するときは正しく測定できているのかということを常に確認する必要があります。

 正しく測定するためのポイントを(表1)に挙げておきます。一般的にパルスオキシメータの精度は、SpO2 70 ~ 100%の範囲内では約±2%程度ですが、SpO2<70%では数値の正確性は低いので、動脈血液ガスで評価を行う必要があります。

表1 正しく測定するためのポイント
●パルスオキシメータの脈拍数と心拍数が等しいことを確認
●表示されている波状や帯状のマークと脈が合っているかを脈の触診や心拍数の聴診を行い確認
●パルスオキシメータの信頼性を知っておく

 次に、測定時は最低表2の内容をチェックしましょう。

表2 測定時のチェックポイント
●血流のよい部位で測定していますか?
装着されているプローブはきちんと固定されていますか?
脈の拍動を検出していますか?
爪にマニキュアが塗られていませんか?

うまく測定できないときはどうする?

>> 続きを読む

新着

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント

ul.section-nav{display:none;} 目次 Aライン確保とは? Aライン確保の適応 観血的動脈圧測定とは Aラインの刺入部位 Aライン確保の方法 物品の準備 準備 Aライン確保の手順と手技のコツ トランスデ

2019/3/6