1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護クイズ・読み物
  4. リサーチ企画
  5. 第9回 みね子、研修で頭がパンク寸前の巻

【連載】スーパープリセプターSAKURA

第9回 みね子、研修で頭がパンク寸前の巻

  • 公開日: 2013/4/30

ついに病棟デビューを果たしたみね子。同時に新人研修も終盤を迎え、みね子は身体的にも精神的にも疲労のピークを迎えていた。そこにSAKURAが現れて・・・。


桜先輩

どうしたの?お疲れの様子ね。

みね子

仕事が始まって、最初は気が張っていたんですけど、ここのところ、なんだか疲れを感じるようになって・・・。

桜先輩

あら、本当に調子悪そう。いわゆる5月病ってやつかしら?

みね子

現場で仕事を教えてもらって、研修を受けて・・・覚えなきゃいけないことばかりで、もう毎日パニックですよ。

桜先輩

そんなに焦らなくても大丈夫よ。

みね子

今のうちに、いろいろなことを全部きちんと覚えないと!現場で大変なことになるのはイヤなんです。

桜先輩

えらいわ。新人の鏡ね!でもね、先輩の立場からいうと、現場で覚えればいいものもある、という意見もあるわ。

みね子

えっ?そうなんですか?

桜先輩

そうね、じゃあ”研修できちんと身に付けておいてほしいこと”について先輩たちの声を聞いてみる?

みね子

はい、ぜひ!

続いては、”研修で身に付けておきたいこと”について紹介します。

>> 続きを読む

研修で身に付けておいてほしいこと

桜先輩

私の秘蔵データのグラフを見て。手技的なことより、「感染管理」や「接遇」が上位にきているわ。

データグラフ

みね子

ホントだ!

桜先輩

なぜなのか、コメントをみてみましょうか。まずは「接遇」よ。

  1. ●技術は配属されてからでも鍛えられると思うので。接遇は心構えが必要では?(meguruさん)
  2. ●どんなにすばらしい看護計画を立てても、ケアを提供しても、接遇が伴わなければ、元も子もなくなります。(mmikaさん)
  3. ●接遇を身に付けておくことで、第一印象◎。信頼関係も築きやすい。(しゅんさん)

みね子

なるほど。でも「接遇」って難しそう・・・。

桜先輩

「接遇」っていうと特別な感じがするけれど、基本的には社会人としてのマナーよね。あとは、患者さんを尊重する気持ちが大切よ。

みね子

次の「感染管理」は、そんなに重要なんですか?

桜先輩

院内感染なんて起こそうものなら大変よ!手洗いや清潔操作などは、感染予防のための大切なルールよ。先輩たちのコメントを見て。

  1. ●とりあえず、清潔・不潔の概念を身に付ける事の方が、注射などの手技を身に付けるよりも大切だと思います。(ミホさん)
  2. ●感染や安全面への理解は、自分や患者さんを守るためにも必要です。(しーさん)
  3. ●手洗い、ごみの捨て方は基本。清潔・不潔はしっかり理解をしていないと、患者さんに危害が及びます。(みんみんさん)

みね子

研修でも言われましたが、やっぱり手洗いって、大切なんですね。

桜先輩

そうよ、一般でいわれる「清潔・不潔」の概念とは違うから、注意が必要よ。新人時代に感染予防の正しい手順を身に付けておくことね。

これも知っておいて!

桜先輩

もちろん、ほかの研修はどうでもいいってことではないわよ。次のようなコメントもあったわ。

  1. ●身の回りの世話や介助は経験が大事。今年の一年目は口腔ケアを忘れがちでした。自分が患者さんだったらどうか、患者さんの立場にたってケアができるように、常に患者さんの生活サイクルに必要な介助は身に付けておいてほしいです。(ゆきさん)
  2. ●病棟で輸液ポンプやシリンジポンプなど急にやれと言われてもできなかったので、研修中にしっかりと身に付けておいたほうがいいと思います。(諒さん)
  3. ●医療安全の研修はしっかり受けたいところ。ヒヤリハットの事例を自分に置き換えて考えられるようになれば、実践中も注意を向けることができるから。(ミサキさん)

みね子

結局、全部大切なんじゃ・・・?

桜先輩

あたりまえじゃない。全部大切なの。でもパニックになるくらいなら、新人時代に最低限身に付けておきたいことを優先しなさい、ってことよ。手技は私がみてあげるわよ。

みね子

わわわ、わかりました。研修を頑張ります!(病棟のほかの先輩に教わりたい・・・)。

(ナースリサーチの結果を元にまとめました)

新人の心得

※次回は「みね子、SAKURAの身だしなみにダメ出しする、の巻」をお送りします。

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

記事満足度調査|2019年4月7日〜4月13日

2019年4月7日〜4月13日までに公開した記事について聞きました。 今回の回答者は79人です。 この期間に公開された記事はこちら それぞれの記事について満足度  とても満足、やや満足、やや不満足、不満足、読んでいないの5段階に分けて、それぞれの記事を

2019/10/31

アクセスランキング

1位

看護職だからこそ!体内リズムの改善で生活の「質」を高めよ

◆睡眠の「質」が生活の「質」及ぼす影響とは? 体内リズムが生活全般に影響  人生の3分の1を占めるといわれる「睡眠」ですが、日本人の5人に1人は睡眠に対し、不眠などの悩...

246995
2位

【事例5】末期・終末期にある患者の看護 ~最期まで自宅で

※「事例アセスメント」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。 事例紹介  Eさん、70歳代後半、男性 既往歴  陳旧性心筋梗塞〔冠動脈バイパス術(CABG)+経皮的冠...

247796
3位

―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性

2018年12月3日、獨協医科大学(栃木県下都賀郡)にて、「―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性」セミナーが開催されました。 獨協医科大学麻酔科学講座の山口重樹先生の...

249111
4位

高齢者の低栄養を防ぐために! 入院前から退院後まで視野に

福岡大学病院では、多職種からなる栄養サポートチーム(NST)が、全科を横断して患者さんの栄養管理を行っています。また同院では、入院前から退院後までを視野に入れた継続的な栄養管理を目指し...

249515
5位

-在宅高齢者の低栄養を防ぐ- 継続的な栄養管理を実現する

【インタビュー】情報共有によって利用者さんの栄養状態を支える 島田雅子さん福寿会 福岡クリニック(在宅療養支援診療所) 看護師長代理 高齢者の低栄養状態は、QOLのみならず生命予後にも...

249716
6位

高齢者の低栄養を防ぐ! 病棟から地域まで、患者さんに栄養

高齢者の低栄養状態は、疾患からの回復を妨げ、悪化や再発につながります。そこで最近では、入院患者さんに早い時期から栄養アセスメントを行う医療施設が増えています。 しかし、入院中は良好に保たれた...

249873
7位

モンスターペイシェントへの7つの対応方法

患者さんからの暴力・暴言を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。今回は、モンスターペイシェントについて解説します。 ▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめ...

251114
8位

希釈液の濃度計算を攻略する!

【関連記事】 * 簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法 * リンゲル液、乳酸リンゲル液、酢酸リンゲル液の違いは? * 【問題2】抗生剤と生食50mlを、30分間 成人用ルー...

249699
9位

摘便とは|適応・禁忌・手順・コツ〜根拠がわかる看護技術

【関連記事】 ●グリセリン浣腸の目的と手順【マンガでわかる!看護技術】 ●第8回 腹部膨満を訴える患者さんのアセスメント(排ガスの有無など) 摘便とは  摘便とは、自然...

249674
10位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675