1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. HealthDay News
  5. 2ページ目

HealthDay News

HealthDay News関連の記事の一覧です。

HealthDay News 記事カテゴリ

「HealthDay News」の記事一覧

15件/197件

WHOが新型コロナ治療薬に関するガイドラインを更新

 世界保健機関(WHO)はこのほどガイドラインを更新し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として、中和抗体薬のソトロビマブ(商品名ゼビュディ)およびカシリビマブ/イムデビマブ(商品名ロナプリーブ)を使用しないことを強く推奨した。このガイドラインは、「The

2022/10/3

寿命を延ばすのに必要な歩数は1日何歩?

 がんや心血管疾患などによる死亡リスクを下げる簡単な方法、それはウォーキングかもしれない。1日最大1万歩までは2,000歩多いごとに、それらのリスクが8~11%の割合で低下するという関連があるという。南デンマーク大学のBorja del Pozo Cruz氏らの研究の結果であ

2022/9/30

自分の歩行速度は速いと感じる人は心不全リスクが低い

 非高齢者の主観的な歩行速度が、心不全発症や心血管疾患の初回イベントのリスク判定に有用とする研究結果が報告された。同世代の他者よりも歩行速度が速いと感じている人は、交絡因子を調整後にも有意にリスクが低いという。東京大学医学部附属病院循環器内科の金子英弘氏らの研究によるもので、

2022/9/24

単回の中強度運動は腎血流量や腎機能を低下させない

 単回の中強度運動は腎血流量や腎機能に影響を及ぼさないことを示すデータが報告された。福岡大学スポーツ科学部の川上翔太郎氏らの研究によるもので、詳細は「Physiological Reports」に8月4日掲載された。  運動による代謝性疾患や心血管疾患な

2022/9/23

血圧を下げる10種類のエクササイズと、よくある質問

 過去数十年にわたって多くの研究者たちが、血圧を下げるための新たな治療法の開発に努力してきた。しかし、運動は依然として高血圧治療の最善の方法の一つだ。米国スポーツ医学会のガイドラインによると、低~中強度の運動は高強度運動と同じくらい、またはそれ以上に高血圧患者の血圧を下げる可

2022/9/17

FDAがオミクロン株対応ワクチン2種類をブースター接種として承認

 米食品医薬品局(FDA)は8月31日、オミクロン株に対応したファイザー社製およびモデルナ社製の2種類の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンについて、ブースター接種として緊急使用許可(EUA)を与えたことを発表した。  このワクチンは、既

2022/9/13

加齢による腎機能の低下速度は男性の方が速い

 男性は女性よりも腎機能の低下スピードが速く、特に高齢になると、腎機能低下速度の性差がより大きくなるというデータが報告された。北ノルウェー大学病院の腎臓専門医でノルウェー北極大学にも所属しているToralf Melsom氏らの研究によるもので、詳細は「Journal of t

2022/9/9

どんなスポーツでも高齢者の早期死亡リスクを下げる

 長生きしたいのなら、年齢にかかわらず、何でも良いのでスポーツを始めるべきかもしれない。高齢者を12年間追跡したところ、ラケットスポーツをしている人は16%、ランニングをしている人は15%、その他のスポーツでも、行っている人は死亡リスクが有意に低いことが報告された。米国立がん

2022/9/7

喫煙者が朝にタバコと一緒にコーヒーを飲みたがる理由とは?

 喫煙者は、朝起きたときにニコチンの重度の離脱症状に苦しめられると、タバコと一緒にコーヒーを飲みたがることがある。その理由を科学的に証明する研究結果が報告された。同研究では、焙煎したコーヒー豆に含まれる2種類の化合物が、脳内の特定のニコチン受容体に直接影響を及ぼして、ニコチン

2022/9/6

メタボ構成因子該当数とがん死リスクに有意な関連――J-MICC研究

 日本人のメタボリックシンドローム(MetS)とがん死との関係を解析した研究結果が報告された。徳島大学大学院医歯薬学研究部医科学部門社会医学系予防医学分野の有澤孝吉氏らの研究によるもので、日本の診断基準でのMetS該当者はがん死リスクが高く、またMetSの構成因子を多く有して

2022/8/30

ハイテクデバイスでの血圧管理は本当に有効か

 近年、家庭血圧測定(self monitoring of blood pressure;SMBP)が重要視されるようになってきている。その際に用いる血圧計として、スマートフォン(以下、スマホ)のアプリに接続でき、血圧を含めたさまざまな健康情報が得られるハイテクデバイスは、従

2022/8/26

慢性腎臓病+睡眠時無呼吸で死亡リスク上昇――国内医療費請求データの解析

 慢性腎臓病(CKD)に睡眠時無呼吸症候群(SAS)を併発している場合、死亡や心血管疾患などのリスクが有意に高いことを示すデータが報告された。名古屋大学医学部附属病院腎臓内科の田中章仁氏らが、国内医療機関の医療費請求データを解析した結果であり、詳細は「Frontiers in

2022/8/23

痛風再発後しばらくは心血管イベントリスクが高い

 痛風を経験した人なら、誰でも耐え難い痛みを二度と味わいたくないと思うことだろう。しかし、痛風の再発には痛みの問題だけでなく、別の懸念もあることが報告された。痛風の再発後2カ月間は、心血管イベントのリスクが2倍近く上昇し、その後も半年にわたりハイリスク状態が続くという。英ノッ

2022/8/21

毎日コーヒーを飲む高血圧患者は血管の機能が良好

 コーヒー摂取習慣のある高血圧患者は、血管の内皮と平滑筋の機能が良好であることを示すデータが報告された。広島大学病院未来医療センターの東幸仁氏らの研究によるもので、詳細は「Nutrients」に6月29日掲載された。  適量のコーヒー摂取には健康上のさま

2022/8/11

末梢動脈疾患患者の歩行運動は痛みを覚えるまでやるべき?

 末梢動脈疾患(PAD)患者には「痛みなくして得るものなし(no pain, no gain)」というフレーズがそのまま当てはまりそうだ。米ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部教授のMary McDermott氏らの研究から、PAD患者が歩行運動療法を行う場合、足に不快感

2022/8/9

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

セルフケア不足の看護計画|高齢による認知機能低下がみられ

高齢による認知機能低下に関連したセルフケア不足  認知症と診断されていなくても認知機能の低下を認めることがあり、その度合いによって日常生活に支障をきたすことがあります。なんらかの疾患により入院し...

313002
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675