1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース

ニュース

「ニュース」の記事一覧

15件/2993件

[予定] 注目される来週の審議会スケジュール 10月25日-10月30日

NEW

 来週10月25日(月)からの注目される厚生行政関連の審議会は以下の通りです。 (新型コロナウイルス感染症の影響により、開催形式や開催日などが変更になる可能性があります)10月25日(月)10:00-12:00 薬事・食品衛生審議会 薬事分科会 医薬品等安全対策部会 安全対策調査

2021/10/23

[診療報酬] 22年度改定へ入院医療評価のとりまとめ案了承 中医協・分科会

NEW

 中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」は21日、2022年度診療報酬改定に向けた検討結果のとりまとめ案をおおむね了承した。今後、案の文言を一部修正し、尾形裕也分科会長への一任でまとめられる。会合では、特定集中治療室管理料の「重症度、医療・看護必要度」(以下、看

2021/10/23

[医療提供体制] 20年度の一般病院の医業利益率が初のマイナス WAMが速報値

NEW

 福祉医療機構(WAM)は20日、2020年度の病院・診療所の経営状況の速報値を公表した。病院の医業収益対医業利益率(医業利益率)は、コロナ禍の影響を受けて、各病院類型で低下し、一般病院が▲0.9%(19年度との差は▲2.0ポイント、療養型病院が2.6%(▲3.2ポイント)、精神

2021/10/23

[介護] 通所介護サービスは大規模型ほどコロナの影響大きく WAMが速報値

NEW

 福祉医療機構(WAM)は20日、2020年度の介護・福祉施設の経営状況について、速報値を公表した。通所介護サービスは事業規模が大きいほど、サービス活動収益対サービス活動増減差額比率(サービス活動増減差額比率)の低下幅が大きかった。 通所介護サービスのサービス活動増減差額比率は、

2021/10/23

[医療提供体制] コロナ重症者数、感染拡大前の水準以下に 厚労省

NEW

 厚生労働省は、第56回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(20日開催)の感染状況の分析・評価などを公表した。新規感染者数の減少に伴い、療養者数、重症者数、死亡者数も減少が続いていると評価。重症者数については「今回及び今春の感染拡大前の水準以下となった」としている。

2021/10/23

大気汚染や騒音で心不全のリスク上昇の可能性

NEW

 大気汚染と交通騒音に長期間さらされていると、心不全になりやすくなる可能性があるという研究論文が発表された。コペンハーゲン大学(デンマーク)のYoun-Hee Lim氏らの研究によるもので、詳細は「Journal of the American Heart Associati

2021/10/23

[医薬品] 2021年9月分貿易統計(速報) 財務省

NEW

 財務省は20日、2021年9月分の「貿易統計(速報)」を公表した。医薬品の輸出額・輸入額の詳細は以下の通り。●輸出額▽総額/790億円(前年同月比0.0%増)▽米国/270億円(16.1%増)▽EU/103億円(39.4%増)▽アジア/206億円(16.7%減)▽中国/78億円

2021/10/23

[診療報酬] 地域包括診療料の対象疾患に心不全やCKDを追加 厚労省が提案

 中央社会保険医療協議会の総会が20日に開かれ、厚生労働省は、小規模病院(許可病床200床未満)や診療所の「かかりつけ医機能」を評価する地域包括診療料の対象疾患に、2022年度の診療報酬改定で心不全や慢性腎臓病(CKD)を追加することを提案した。専門医との連携を促し、治療や悪化予

2021/10/22

[医療提供体制] 重点外来医療機関、最終的には広告可能に 厚労省

 2022年度から始まる外来機能報告制度での「医療資源を重点的に活用する外来を地域で基幹的に担う医療機関(仮称)」(以下、重点外来医療機関)について、厚生労働省は20日、将来的にはホームページなどで広告できるような仕組みを想定していることを明らかにした。会合では、この医療機関の呼

2021/10/22

[診療報酬] 生活習慣病管理料、多職種連携への評価の充実を提案 診療側

 中央社会保険医療協議会の診療側委員は20日の総会で、診療報酬の「生活習慣病管理料」(650-1,280点/月1回)について、多職種連携で生活習慣病の患者に治療や管理を行った場合の評価を充実させることや、その要件を簡素化することを提案した。2022年度の診療報酬改定を見据えたもの

2021/10/22

[診療報酬] 薬価収載後の効能追加品目で新薬創出等加算の対象拡大

 中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は20日、次期薬価改定について、これまでの薬価算定組織と医薬品産業界からの意見聴取を踏まえ、具体的な議論を開始した。厚生労働省は、イノベーションの評価で、薬価収載後の効能追加品目で新薬創出等加算の対象を拡大することなどを論点として提示し、基本

2021/10/22

[医療提供体制] 国立病院機構とJCHOにコロナ病床の増加を要求 後藤厚労相

 後藤茂之厚生労働相は19日、所管の国立病院機構と地域医療機能推進機構(JCHO)に対し、新型コロナウイルス感染症患者などの入院の最大受け入れ数や確保病床数を今夏の感染拡大のピーク時と比べてそれぞれ2割以上増やすよう要求した。その検討は、各法人の施設や設備、人材をできる限り活用す

2021/10/21

[医療提供体制] コロナワクチン、高齢者の2回接種完了者9割を超える 政府

 政府は19日、新型コロナウイルスワクチンの総接種回数を更新した。高齢者を含む一般接種および医療従事者等、職域接種などの合計は1億8,097万6,061回となった。うち1回以上接種者は9,563万8,769回、接種率75.5%(全人口1億2,664万5,025人)。2回接種完了は

2021/10/21

[医療費] 健保組合、20年度2,952億円の黒字も21年度は8年ぶり赤字の見通し

 健康保険組合連合会(健保連)は19日、2020年度の経常収支が2,952億円の黒字になるとの決算見込みを発表した。コロナ禍での患者の受診控えなどで保険給付費が大きく減少したことなどが影響し、収支額が前年度と比べて454億円増加、7年連続の黒字となる。しかし、21年度は保険料収入

2021/10/21

[感染症] 新規報告数0人、累計患者数10人 風しん疫学情報・第40週

 国立感染症研究所・感染症疫学センターは19日、「風しんに関する疫学情報:2021年10月13日現在、第40週(10月4日-10月10日)」を公表した。 第40週の新規報告数は0人。第1週からの累積患者報告数は、報告の取り下げが1人あったため、前週から1人減少し10人となった。な

2021/10/21