1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. 看護研究
  5. 第1回 看護研究の「問題と目的」を書く(1)

【連載】看護研究はじめの一歩

第1回 看護研究の「問題と目的」を書く(1)

  • 公開日: 2009/2/16

看護研究をやらなくっちゃ

臨床で看護研究を行うきっかけは、輪番制で「自分の病棟の順番が回ってきたから」というのがほとんどでしょう。「看護研究が好き」で志願したというのはよっぽど物好きな方なのだと思います(失礼☆)。多くの方が管理者の命令で「やらされている」のが現状のようです。

業務の合間に研究をやらねばならず、気が重くなります。「早くやり過ごそうね~」と始めます。看護師さんは行動が速いです。日頃からそう訓練されているからです。患者さんのために瞬時に判断して体が動くのです。こうした看護師さんの特徴は研究活動にも反映されます。何を調べたいのかをじっくり詰める前に、アンケートなどをつくりはじめてしまうのです(アンケートはてっとりばやいというので好まれます)。そして対象者にばらまき回収します。ここまではものすごく早いです。でもそのあと、ハタと気づきます。「どうやって集計してまとめたらいいだろうね・・・・。」

看護研究は一方通行

看護師さんは看護しながら患者を観察してアセスメントし、その結果でまたよりよい看護を考えていきます。「情報収集→アセスメント→看護計画立案→看護実践→評価(アセスメント)」の看護過程を、1日単位・時間単位、ときには分単位でくるくると展開しているのです。これは看護師のもつすばらしい技術のひとつだと思います。

そして、看護研究も看護過程と似たようなプロセスで展開しているのです。看護研究のプロセスは
1. 現状の分析・研究課題の明確化
2. 研究計画の立案
3. データ収集
4. 分析
5. 結果・考察
です。

何となく看護過程に似ているでしょう?でも、決定的に違うところがあります。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

【公益財団法人 木村看護教育振興財団】2021年度 看護研究助成の募集のお知らせ

趣旨  本財団は、わが国の医療に従事する看護職者の看護教育及び看護実践の充実・向上を図るために必要な助成を行い、もってすぐれた看護職者の育成に寄与することを目的としております。    2021年度も下記のとおり看護研究助成を行いますのでご応募下さいますよう、ご案内申し上げま

2020/11/9