1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 透析・腎臓内科
  5. 透析・腎臓内科の解剖・生理
  6. 第13回 BUNとクレアチニン、なぜ両方見る必要があるの?

【連載】看護に役立つ生理学

第13回 BUNとクレアチニン、なぜ両方見る必要があるの?

  • 公開日: 2015/1/24
  • 更新日: 2020/3/26

【関連記事】
腎機能とは?BUN・クレアチニンの関係

BUN VS クレアチニン

BUNよりクレアチニンのほうが正確なら、一体何のために両方を測定するのでしょうか?

確かにBUNだけを測定しても不確かなことは多いのですが、クレアチニンの値とセットにして比較することで、BUNは本領を発揮します。

尿素もクレアチニンも、糸球体を通過するという点では同様ですが、その後に違いがあります。

原尿のクレアチニンがほぼそのまま尿中に排泄されるのに対して、尿素の一部は尿細管で回収(再吸収)されるのです。

尿素が全く何の役にも立たない老廃物であったなら、こんな仕組みは不要かもしれません。

しかし、尿素には隠れた役割があります。それは、浸透圧によって水分を体内に保つ役割です。

この役割の大半は、ナトリウムなどの電解質が担っていますが、尿素も少しばかり貢献しているのです。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第2回 腎臓機能が低下する要因・疾患は?

CKDの原因はさまざま  CKDとは、ひとつの腎疾患を意味するものではありません。腎機能低下が慢性に進行する、すべての腎疾患を含むため、それぞれの疾患により原因もさまざまです。    その中には遺伝による腎疾患(尿異常・腎機能異常・腎形態異常)や、膠原病などの自

2016/5/7