1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. コミュニケーション
  5. 身だしなみ
  6. 【看護師のマナー】第16回 エレガントな歩き方、座り方

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第16回 エレガントな歩き方、座り方

  • 公開日: 2015/9/5
  • 更新日: 2021/1/6

正しい歩き方で、高感度もアップ

ナースが顔をまっすぐ上げ、背筋を伸ばしてさっそうと歩く姿は、やる気に満ちあふれていて、見ているほうもすがすがしい気持ちになります。
たかが歩き方、と思うかもしれませんが、正しく歩けているかどうかで、他人に与える印象も違いますし、体調や体形も変わってくるのです。

それでは、正しく足を運ぶポイントを説明しましょう。

あごはやや引いて、10メートル先を見るようにします。そうすれば、自然に背筋もピンとなり、正しい姿勢が取れるはずです。
次に、両膝の内側をすらせるようにして足を運んでいきます。
このとき、足はまっすぐ伸ばし、両ひざがいつでも正面を向いているように。
そして着地は、かかとから。歩幅は、肩幅と同じくらいがベストです。

歩き方が悪いと、ひざや腰などに負担がかかるうえに、体形も崩れて見えてしまうもの。足早に、テンポよく歩きましょう。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

【看護師のマナー】第15回 身だしなみーユニフォーム、髪型、メイクのポイント

▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめて読むならコチラ 看護師のコミュニケーションとマナー ユニフォームは清潔が命  「白衣の天使」と呼ばれているように、ナースのイメージとして、定着しているユニフォーム。とかく地味で冷たい雰囲気

2015/9/1