1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. エンゼルケア・逝去時のケア
  5. グリーフケア
  6. 第16回 チャイルドライフスペシャリストの役割(後編)

【連載】大切な人を亡くす子どもへのケア

第16回 チャイルドライフスペシャリストの役割(後編)

  • 公開日: 2011/11/2

子どもの感情を表出させるためには、「遊び」は大切な要素です。CLSは、子どもの様子や状況を見ながら「遊び」を提案し、子どもの感情が表出できる環境を整えていきます。もう一つの事例を見てみましょう。


「遊び」の中で子どもは感情を表し、消化していく

子どもにとって「遊び」は生活であり、感情を表出する場であり、リラックスし日常を取り戻す場でもあります。CLSによるサポートは、そうした「アクティビティ(遊び)」を通して行われます。特に、感情を言語化できない年齢の子どもにとっては、遊びの中でその子どもの心の内が表れてくることがあります。

例えば、人形遊びの「お医者さんごっこ」の場面で、「悪いことをしたから注射します」という子がいたとします。それは注射は治療のためではなく、自分が悪い子だから注射されていると感じているからなのです。

同時に、子どもは状況を受け入れるために、例えば、「注射はちょっぴり痛いだけ」など、何度も同じ言葉を繰り返し、消化していきます。CLSが子どもの理解状況、不安・怖れなどの感情をキャッチする手段として、アクティビティは子どもとかかわる上で、一番大切なものです。

アクティビティを選択するにあたっては、緊張している場面ではぬり絵などの単純な物を、感情の表出を見るときは人形でのごっこ遊びを、家族の輪を深めたいときにはカードゲームをといったように、子どもの様子や状況を考えます。

親を亡くす子どもにとっては、アクティビティはそのまま、親と一緒に過ごした思い出にもなります。

>> 続きを読む

事例2──親の死を前に「ただ側にいるのはつらい」

ERから、クモ膜下出血で意識不明で搬送されてきた50歳代男性の子どもたちを見てほしいと依頼がありました。

男性は、ICUで呼吸器が装着された状態だったので、高校2年生の長女と中学1年生の長男に対し、「お父さんは機械で息をしている状態」であること、「苦しくもないし、痛みもないこと」をまず、説明しました。

親の死を前にしたとき、黙って側にいるのは、子どもにとってつらいことです。「つらければ側を離れてもいいこと」、「いつものように遊びを楽しんでもいいこと」を子どもと家族に伝え、子どもたちをCLSが見守ります。

このケースでは、亡くなる少し前に子どもたちとベッドサイドで、父親がどんな人だったかなどの話をしながら、モールで造花作りをしました。初めはCLSに会うことを疑問に感じたという長女は、父親の死後、「弟のために来てくれたんだろうけど、CLSに会えてよかった」と話していました。

小さな子どもに限らず、思春期の子どもも、やはり思春期なりの思いを抱えており、ケアを必要としているのです。

救急の場で子どもをサポートする米国のCLS

米国では、小児科病棟だけでなくERにもCLSが配置され、救急搬送されてきた子ども、親が搬送されてきた子どもをサポートしています。また、「がんになった親をもつ子ども」を対象とした6週間のケアプログラム「CLIMB(Childrens Lives Include Moments of Bravery)」が広く提供されています。

これは、親の病気について話すことのできる環境を提供するもので、さまざまなアクティビティを通して、感情を表出したり、自分の感情へ対処する方法を習得するものです。

こうした取り組みが日本でも望まれますが、文化背景や国民性の違いなどから、感情表出の苦手な日本人に応用する場合、その点に考慮する必要があると思います。

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

グリーフケアとしての緩和ケア

 がん患者の痛みや苦しみは、症状によるものだけでなく、社会的・精神的・スピリチュアルなものまでさまざまであることを、特集の冒頭でご紹介しました。緩和ケアは、このように患者がもつ全人的苦痛に対するケアといえますが、同時に家族の抱える痛みへのケアでもあるといえるでしょう。それ

2019/1/15

アクセスランキング

1位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
2位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
3位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは  気管吸引ガイドライ...

250001
7位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
8位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
9位

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくな

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【関連記事】 * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 血管が見えない患者...

250750
10位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812