1. トップ
  2. 看護記事
  3. 清拭の目的と看護師が行う意義、手順

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

清拭の目的と看護師が行う意義、手順

  • 公開日: 2018/6/9
日常業務として行っている清拭。目的や看護師が行う意義、清拭の際の観察のポイントなどをおさらいしておきましょう。




執筆:菱谷 怜(順天堂大学大学院 医療看護学研究科 博士前期課程 看護教育学分野)
監修:野崎 真奈美(順天堂大学医療看護学部/大学院医療看護学研究科 教授)

【関連記事】
  • 拘縮患者さんの清拭・陰部洗浄のコツと注意点
  • 寝衣交換の手順・コツ~清拭時も負担なくできる方法

  • 目的と意義

     身体の清潔を保持することは人間の欲求であり、日常生活動作の一つでもあります。しかし、何らかの要因でセルフケアが困難となると、清潔の保持が難しくなり、患者さんに社会的・精神的な影響を及ぼすばかりか、皮膚機能の破綻を招き、疾病の回復の妨げになる可能性があります。看護師は清潔援助を行う目的を十分に理解し、かかわる必要があります。


     まず、皮膚には発汗および皮膚血管の拡張・収縮により体温を調整する機能があります。また、外的刺激からの保護機能や、汗腺から出る分泌物は酸性で抗菌作用をもつため感染予防の役割があります。

    >> 続きを読む

    この記事を読んでいる人におすすめ

    拘縮患者さんの清拭・陰部洗浄のコツと注意点

    ul.section-nav{display:none;} 拘縮のある患者さんへの清潔ケアのキホン 清潔の援助は全身状態を観察できるチャンス 拘縮のある患者さんへの清拭 股関節拘縮の陰部洗浄 その他の難しい清潔の援助 清潔の援助が難しい患者

    2014/3/13

    清拭用タオルによる熱傷

     清拭の際、ビニール袋に準備した熱いタオルが患者の身体にあたり、熱傷をきたした事例が4件報告されています(集計期間:2007年1月1日~2010年7月31日、第10回報告書「共有すべき医療事故情報」に一部を掲載)。   清拭の際、ビニール袋に準備した熱いタオルにより熱

    2010/1/4

    寝衣交換の手順・コツ~負担なくできる方法

    援助をより効率的に、よりスムーズに行うための基礎理論として、基礎理論の2回目は「力の働く方向と大きさ」に関する原理を取り上げます。 パジャマ交換のコツは「準備」と「3ステップ動作」 パジャマや寝衣を着替える際は、患者さんの腰を上げたままの状態でズボンの上げ下ろしを

    2014/4/21

    【皮膚異常の看護】皮疹(ひしん)の種類と緊急性の判断

    ul.section-nav{display:none;} 皮膚に出た異常が、実は重篤な疾患や緊急を要する疾患のサインであるケースもあります。 目に見える症状の下に隠れた部分を見逃さないようにしましょう。 皮疹の種類と特徴 まずは、これを考えよう!

    2011/1/12

    環境整備とは|看護師が行う意義と目的、方法~根拠がわかる看護技術

    ul.section-nav{display:none;} 目次 環境整備の意義・目的 環境整備のキホン 環境整備における大切な要素 患者さんの感覚に合わせる 1日の時間による変化を考慮する 患者さんの経時的な変化を考慮する 整理整頓の重要性

    2018/4/5

    新着

    ガウンテクニック|目的と手順

    執筆:菱谷 怜(順天堂大学大学院 医療看護学研究科 博士前期課程 看護教育学分野) 監修:野崎 真奈美(順天堂大学医療看護学部/大学院医療看護学研究科 教授) 医療施設では感染症の治療目的で入院している人もいれば、治療のための薬剤投与や、手術等の侵襲に

    2019/1/3