1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [看護] 看護師が2年で約7万人増、准看護師は減少 18年衛生行政報告例

[看護] 看護師が2年で約7万人増、准看護師は減少 18年衛生行政報告例

  • 公開日: 2019/9/6
  • 更新日: 2021/1/6

 厚生労働省は4日、2018年衛生行政報告例(就業医療関係者)の結果を公表した。
>> 続きを読む


18年末現在、就業していた看護師は121万8,606人で、前回の16年分と比べて6万9,206人増えた。
一方、就業していた准看護師は、前回比1万8,632人減の30万4,479人だった。
  就業看護師は、この集計を始めてから毎回増加している。
18年末現在の人数を年代別に見ると、40-44歳が18万3,793人(15.1%)で最も多く、以下は45-49歳(15万9,750人、13.1%)、35-39歳(15万7,790人、12.9%)、25-29歳(15万4,222人、12.7%)などと続いた。
  これに対し、准看護師の就業人数は、02年の39万3,413人をピークに減少が続いている。
年代別では、55-59歳の5万262人(16.5%)が最多。
以下は、50-54歳(4万5,895人、15.1%)、45-49歳(4万229人、13.2%)などと続き、40歳以上が全体の8割超を占めた。
  18年末現在の人口10万人当たりの就業看護師数を都道府県別に見ると、最も多かったのは高知で1,511.0人だった。
以下は、鹿児島(1,394.3人)、佐賀(1,335.4人)、長崎(1,319.2人)などの順。
埼玉(693.6人)が最も少なかった。
  人口10万人当たりの就業准看護師数については、宮崎が571.4人で最多。
熊本(556.4人)、佐賀(553.0人)なども多かった。
最も少なかったのは東京で90.9人だった。

(厚生政策情報センター)

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[感染症] 新規報告数0人、累計患者数1人 風しん疫学情報・第2週

NEW

 国立感染症研究所・感染症疫学センターは26日、「風しんに関する疫学情報:2021年1月20日現在、第2週(1月11日-1月17日)」を公表した。それによると、新規報告された風しん患者数は0人、第1週からの累積患者報告数は前週から1人増え、1人となった(遅れ報告数を含む)。なお、

2021/1/28