1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [医薬品] 費用対効果評価対象10品目、2品目が公的分析中 中医協・総会

[医薬品] 費用対効果評価対象10品目、2品目が公的分析中 中医協・総会

  • 公開日: 2020/5/29

 厚生労働省は27日の中央社会保険医療協議会・総会に、費用対効果評価の対象品目中、キムリアと共に本格導入の第1号となったGSKの慢性閉塞性肺疾患用薬「テリルジー」について、9カ月以内と規定されている分析データの提出が2カ月遅れたこと、その理由説明には一定の妥当性があることを報告し、了承された。>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[医療改革] 後期高齢者の医療費2割負担、一般区分とすべき 民間議員が提言

 政府の全世代型社会保障検討会議の民間議員を務める中西宏明・日立製作所会長が24日の会合で、後期高齢者の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる対象者について、高額療養費制度での「低所得者」の区分を除いた「一般区分」に該当する75歳以上の人にすべきだと提言した。これに基づくと、後

2020/11/25