1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 検査
  5. 画像診断全般
  6. 特別編 みね子、画像診断に興味を持つの巻

【連載】スーパープリセプターSAKURA

特別編 みね子、画像診断に興味を持つの巻

  • 公開日: 2014/1/20

日常業務にも慣れ、スムーズに業務を進められるようになってきたみね子。ある日、肺炎で入院してきた患者さんの担当となり、主治医の先生に言われた一言で残業しているとそこにSAKURAがやってきて…。


ナースに必要な画像の読み方って?

みね子

全然、わかんない…。

桜先輩

あら、くまみー。今日は日勤じゃなかった? もう7時よ。急ぎの業務なの?

みね子

あ、先輩。今日、肺炎の患者さんが入院してきて担当になったんです。主治医の田中先生が、画像も見ておくと看護の役に立つかもよって言ったので、画像を見てたらこんな時間になっちゃったんです。

桜先輩

そうなの、勉強熱心で感心ね。じゃ、ガンバッテ!

みね子

ちょ、ちょっと待ってください。画像を見ても何を見たらいいのかさっぱりわからないんです…。ヒントでもいいから教えてくださいよぉ…。

桜先輩

仕方ないわねぇ。

みね子

やった! よろしくお願いします!

桜先輩

まず、私たちナースは診断するために画像を見るわけではないから、全部の画像を見る必要はないのよ。

みね子

そ、そうなんですか…。電子カルテについてる画像を片っ端から見てました。

桜先輩

だから、こんな時間になっちゃったのね。肺炎なら胸部X線と胸部CTを見ておくといいわよ。

みね子

なるほどー。

桜先輩

右側が白くなっているでしょ。これが肺炎像ね。ここから患者さんの体位をどうしたらいいかとか、考えられるようになるといいわね。

みね子

考えてみます! 画像って読めると面白そうですね。

桜先輩

もっと勉強したいなら、セミナーに行ってみれば?

みね子

画像の読み方のセミナーがあるんですか? どんなことがわかるんでしょうか?

桜先輩

どんなことがわかるかは動画で解説してるから、それを見るといいわよ! 講師の先生が見どころを教えてくれてるの。

みね子

そうなんですか、見てみます!

講師による事前紹介動画もあるよ

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第12回 海外支援活動の経験

前回から引き続いて、今回も途上国での画像診断と医療支援のお話をさせていただきます。 必要なものは装置だけではない-発展途上国での現状- 言葉では知っているつもりでも、実際には経験してみないとなかなかわからないということは数多くあります。この国への寄贈の

2015/11/11