1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護教育・制度
  4. キャリアアップ
  5. 資格取得
  6. 専門看護師
  7. 【公益財団法人 木村看護教育振興財団】2022年度専門看護師CNS奨学金助成募集のお知らせ

【公益財団法人 木村看護教育振興財団】2022年度専門看護師CNS奨学金助成募集のお知らせ

  • 公開日: 2021/11/11

専門看護師(CNS)奨学金支給の趣旨

近年、少子高齢化の急速な進展、急進する医療の高度化・複雑化などを背景に、わが国の保健医療福祉政策・制度が大きな転換期を迎えております。

このような変革に対応するため、看護界においては、看護の質的向上を目指し、看護の専門分化が進行しており、看護系大学大学院修士課程においては、特定の専門看護分野の卓越した看護実践者の育成を目途に、専門看護師(Certified Nurse Specialist:CNS)教育が推進されております。

本財団は、すぐれた専門看護師が一人でも多く誕生することを願って、専門看護師教育課程に在籍し、修学中の者に奨学金を支給する事業を、平成14年度(2002年度)に創設いたしました。

本年も、2021年(令和3年)9月時点で公益社団法人 日本看護協会専門看護師制度委員会が特定している次の13専門看護分野について募集いたします。

がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援、在宅看護、遺伝看護、災害看護

奨学金の名称

専門看護師(CNS)奨学金

支給対象者

看護系大学大学院修士課程 専門看護師教育課程2年コースの2年次進級予定者で、 次の1)・2)を満たしている者。

1)大学院は、日本看護系大学協議会により専門看護師教育課程の認定を受けた大学院の当該課程に在籍している者。
2)臨床あるいは地域看護の分野で専門看護師認定を受けられる実務経験を満たせる者。

支給額

年額60万円

支給期間

1年間(4月から翌年3月まで)

支給条件

看護系大学大学院専門看護師教育課程に在籍し修学中の者で、2023年(令和5年)3月に同課程修了後、専門看護師として必ず資格認定を受け、認定された看護専門分野の臨床に2年以上就業することを確約出来る者。
但し、支給条件に反した場合は、奨学金の返還を求めるものとする。

奨学金申請手続きに必要な書類

ホームページより申請書申込フォームに必要事項を記入し、希望する助成の要綱・応募用紙をダウンロードしてください。

1 本人記載の申請書(様式1)
2 専門看護師としての将来展望、抱負
3 1年次前期の成績証明書
4 指導教員の推薦書(様式2)
5 5年以上の実務経験(全て)を証明する書類(様式3)
(注)・2項の書面の様式は自由。ワープロ1,200字程度を上限にA4版で記載すること。
・3、4項についてはそれぞれ封印されたものを同封すること。
・5項の(様式3)についてはコピーして使用すること。
・3、5項のうち提出できない書類がある場合は、理由書を同封すること。

奨学金受給者の事後報告義務等

証明に関するものは、その都度速やかに提出すること。

1 大学院修士課程、専門看護師教育課程の修了を証明するもの
2 専門看護師の認定を証明するもの
3 就業先の在籍を証明するもの
4 氏名や住所等の変更

申込締切日

2022年(令和4年)1月20日(木)必着

選考結果の通知

提出していただいた書類に基づき、本財団の選考委員会において審査し、2022年3月下旬、文書で結果をお知らせします。
また、助成が決定した方には改めて後日必要書類を提出していただきます。

その他

提出された書類はお返しいたしません。

お問い合わせ及び申込書類送付先

〒113-0033 東京都文京区本郷 5丁目25番14号8階
公益財団法人 木村看護教育振興財団
TEL:03-5800-2700 FAX:03-5800-0022
E-mail:kimura-info@nurseed.jp
URL:http ://www.nurseed.jp/


この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

「第44回透析技術認定士認定講習会および認定試験」のお知らせ

透析療法合同専門委員会(日本腎臓学会・日本泌尿器科学会・日本人工臓器学会・日本移植学会・日本透析医学会)は、標記認定講習会および認定試験を下記の通り実施します。 認定講習会について 1.受講資格 次のいずれかの資格(免許)を有し、免許証の免許登録日から申請書類提出日

2022/8/8