1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [医療提供体制] コロナワクチンの累計接種回数159万2,517回に 厚労省

[医療提供体制] コロナワクチンの累計接種回数159万2,517回に 厚労省

  • 公開日: 2021/4/13
 厚生労働省は9日、新型コロナウイルスワクチンの先行接種の接種実績(4月5日-4月9日)について公表した。5日間合計の接種回数は、49万5,819回(1回目:18万8,357回、2回目:30万7,462回)。接種が開始された2月17日からの累計接種回数は159万2,517回(1回目:110万1,698回、2回目:49万819回)となった。接種を行った施設数は、5日2,764施設、6日2,934施設、7日3,092施設、8日3,179施設、9日3,255施設。 新型コロナワクチン接種後、2月17日から4月7日までに副反応疑い報告において死亡と報告された事例が6件あった。ワクチン接種と事象発現との因果関係については「評価不能」4例、「関連なし」2例。また、4月5日までにアナフィラキシーとして報告された事例は350件だった(109万6,698回接種中)。>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

[診療報酬] 入院医療の中間とりまとめを受け意見が対立 中医協・総会

NEW

 中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小委員会は22日、入院医療等の調査・評価分科会の中間とりまとめの報告を受け、議論した。診療側は、前回改定の影響とコロナの影響が明確に分けられない中で「医療現場に大きな影響を与える改定をしてはならない、拙速な病床削減は避けるべき」と訴えた。

2021/9/25