1. トップ
  2. 看護記事
  3. すべての連載
  4. 【HealthDay News】メディカル・ヘルスケア関連のニュースをお届け

【HealthDay News】メディカル・ヘルスケア関連のニュースをお届け

記事数:175

"英語、スペイン語、日本語で配信されているメディカル・ヘルスケア関連のニュース・コンテンツです。

「【HealthDay News】メディカル・ヘルスケア関連のニュースをお届け」の記事一覧

15件/175件

大気汚染や騒音で心不全のリスク上昇の可能性

NEW

 大気汚染と交通騒音に長期間さらされていると、心不全になりやすくなる可能性があるという研究論文が発表された。コペンハーゲン大学(デンマーク)のYoun-Hee Lim氏らの研究によるもので、詳細は「Journal of the American Heart Associati

2021/10/23

コロナワクチンの感染予防効果は半年で大きく低下

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンによる感染予防効果は、接種後の時間経過に伴い低下することがこれまでにも報告されているが、その変化を詳細に検討した、イスラエルとカタール発の2報の論文が、「The New England Journal of Med

2021/10/19

人工甘味料がダイエットの妨げになる人の特徴は?

 やせるために砂糖ではなく人工甘味料を利用している人も少なくないだろう。しかし、人によっては人工甘味料がやせるのに役立たないばかりか、食欲を高めてしまう可能性もあることが分かった。米南カリフォルニア大学(USC)ケック医学校のKathleen Page氏らの研究結果であり、詳

2021/10/15

小児精神科初診患者の幻聴体験は自殺の行動化と関連――国内横断研究

 小児精神科を受診する初診患者が幻聴体験を有する場合、受診時点での自殺行動との関連性が高いことを示すデータが報告された。横浜市立大学大学院医学研究科精神医学科の藤田純一氏らの研究によるもので、詳細は「Child and Adolescent Mental Health」に8月

2021/10/12

筋力トレーニングだけでも脂肪は燃焼する

 一般に、筋力増強には筋力トレーニング、脂肪を減らすには有酸素運動が効果的と考えられている。しかし、このたび、筋力トレーニングだけでも脂肪を燃焼できることが、新たな研究で明らかになった。ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)医学部のAmanda Hagstrom氏らによ

2021/10/9

パンデミックでメンタルが影響されやすい子どもの特徴は?

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックのメンタルヘルスへの影響に関する報告は少なくないが、子どもへの影響を検討した研究は多くない。また、複数のパンデミックの影響を比較検討した研究も限られている。そうした中、パンデミック第1波と第2波の子どものメンタルヘルス

2021/10/5

ロボット技術で白杖が21世紀版へと進化

 白杖は多くの視覚障害者にとって街中を歩く際に欠かせないツールだが、この100年来、ほとんど改良がなされていない。ところが、ここにきて急速に進化が進みそうだ。米バージニア・コモンウェルス大学のCang Ye氏らは、ロボット技術を利用した「ロボット白杖」の開発が前進したこと

2021/10/4

新型コロナワクチン、ブースター接種の必要性は低い

 大半の人にとって、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンのブースター接種は必要ないようだ。世界保健機関(WHO)や米食品医薬品局(FDA)の科学者らも参加したチームが実施した大規模な国際的レビューで、現行のCOVID-19ワクチンは、たとえデルタ株に感染しても

2021/9/28

コロナワクチン接種6カ月後のがん患者の免疫は一般集団と同等

 米ファイザー社製の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン(商品名コミナティ)を2回接種した固形がん患者では、1回目の接種から6カ月後も、がんでない人と同等の抗体価を維持しているとする研究結果が報告された。ランバムヘルスケアキャンパス(イスラエル)のIrit B

2021/9/25

食事の時間が不規則な人にはメンタル不調者が多い――国内労働者対象調査

 食事を取るタイミングが不規則な人は、メンタルヘルス状態が良くないという関連性を示唆するデータが報告された。早稲田大学理工学術院の田原優氏らが、日本人労働者4,000人以上を対象に行ったWebアンケート調査の結果を解析したもので、詳細は「Nutrients」に8月13日掲載さ

2021/9/22

30分に3分の運動が糖尿病でない人の血糖変動を抑制

 仕事中に座っていることが多い人は、30分ごとに3分の軽い運動を差し挟むと良いかもしれない。それによって、糖尿病でない人でも血糖値の上下動が少なくなるというデータが報告された。カロリンスカ研究所(スウェーデン)のErik Näslund氏らの研究によるもので、詳細は「Amer

2021/9/18

4剤配合降圧薬で開始する血圧管理の有用性は?

 低用量の異なる4種類の降圧薬を1剤にした配合剤により、標準的な薬物治療に比較し優れた血圧管理が達成されたとする研究結果が報告された。シドニー大学(オーストラリア)のClara Chow氏らが行った無作為化二重盲検試験の結果であり、詳細は「The Lancet」に8月29日掲

2021/9/14

コロナ患者からウイルスが最も感染しやすいのはいつ?

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患した患者が、他の人にウイルスを最も感染させやすいのはいつなのか、という疑問に対する答えが、新たな研究で示された。その答えは、発症の2日前から3日後までだという。米ボストン大学公衆衛生学部助教授のLeonardo Martin

2021/9/11

新型コロナのようなパンデミック、今後の発生頻度は?

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような大規模なパンデミックはさほどまれなものではなく、今後はこれまで以上の頻度で発生する可能性のあることが、米デューク大学准教授のWilliam Pan氏らによる研究で明らかになった。Pan氏は、「COVID-19やスペイン風邪

2021/9/7

さまざまなコロナ変異株にも有効な次世代ワクチン開発に希望の光

 今後生じ得る新型コロナウイルスの変異株や、コロナウイルスによる新たな感染症に対して有効な、広域スペクトラムを持つ次世代ワクチンが、将来、開発されるかもしれない。そんな希望を抱かせる研究結果が、SingHealth Duke-NUS Global Health Institu

2021/9/3