1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. キャリアアップ
  5. 認定看護師
  6. 認定看護師(CN)とは?

認定看護師(CN)とは?

  • 公開日: 2016/11/1
  • 更新日: 2020/3/26

役割

特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識をもち、優れた実践能力のある人に対して、日本看護協会が認定する資格です。認定看護師には、その専門知識と技術により「実践」「指導」「相談」という役割を果たすことが求められます。
取得には、日本看護協会が認定した教育機関の認定看護師教育課程を受講し、認定審査に合格することが必要です。受講期間は6カ月以上を要します。

認定看護分野 全21分野(2016年1月現在)

救急看護/皮膚・排泄ケア/集中ケア/緩和ケア/がん化学療法看護/がん性疼痛看護/訪問看護/感染管理/糖尿病看護/不妊症看護/新生児集中ケア/透析看護/手術看護/乳がん看護/摂食・嚥下障害看護/小児救急看護/認知症看護/脳卒中リハビリテーション看護/がん放射線療法看護/慢性呼吸器疾患看護/慢性心不全看護

受験資格

●日本国の看護師免許を有する
●実務研修が通算5年以上(うち3年間以上は目指す認定看護分野の実務研修が必須)



取得までの流れ表

関連記事
* 「新たな認定看護師制度に関する説明会」開催ー2020年度から始まる新たな認知看護師教育の概要ー
* 時代の要請に応じて認定看護師制度が再構築|どのようなポイントがあるのか確認しておこう

認定看護師インタビュー
* 【連載】認定看護師インタビュー