1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [健康] 投薬治療中の生活習慣病患者、男女とも70~74歳が最多 健保連

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[健康] 投薬治療中の生活習慣病患者、男女とも70~74歳が最多 健保連

  • 公開日: 2018/9/29
  • 更新日: 2021/1/6

 健康保険組合連合会(健保連)が9月14日に公表した2016年度の「特定健診の『問診回答』に関する調査」によると、高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病で投薬治療を受けている患者の割合は、男女とも70~74歳が最も高いことが明らかになった。
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[介護] 介護サービス基本報酬、4月から引き上げ 社保審・介護給付費分科会

NEW

 社会保障審議会・介護給付費分科会は18日、2021年度からの新たな介護報酬の単位について審議し、改定率プラス0.7%を踏まえて「全てのサービスの基本報酬を引き上げる」ことを前提に見直しを行った。 訪問介護費の基本報酬では、「身体介護20分未満」が現行166単位から167単位に、

2021/1/21