1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [健康被害] 個人輸入したダイエット製品で健康被害 静岡県が注意呼びかけ

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[健康被害] 個人輸入したダイエット製品で健康被害 静岡県が注意呼びかけ

  • 公開日: 2018/10/19
  • 更新日: 2021/1/6

 静岡県は10月12日、個人輸入したダイエット製品による健康被害が発生したとして注意を呼びかけた。
 
 「ヤンヒーホスピタルダイエット」と称する製品をタイから個人輸入し、服用した女性が、動悸、ふらつき、四肢の麻痺などの症状で入院。県が同製品の検査を行った結果、便秘薬や利尿剤などの医薬品成分が検出された。
 
 県は該当する製品を服用している人は直ちに服用を中止し、健康被害が疑われる場合は速やかに医療機関を受診するとともに、最寄の保健所に連絡するよう促している。

(厚生政策情報センター)

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[医療提供体制] 新型コロナ重点医療機関、既存の1病棟を2病棟で対応も容認

NEW

 厚生労働省は「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A」の第13版を都道府県に事務連絡した。新型コロナの重点医療機関について、感染患者用の専用病床を確保して他の病床とフロアを区切り、感染患者への専任の看護体制を明確化すれば、既存の1病棟を2病棟に分けて対応すること

2021/1/23