1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [医薬品] メトトレキサートなどの事前評価が終了 公知申請で厚労省

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[医薬品] メトトレキサートなどの事前評価が終了 公知申請で厚労省

  • 公開日: 2018/11/15
  • 更新日: 2020/3/26

 厚生労働省は11月8日、公知申請の事前評価が終了した適応外使用医薬品2成分2品目を都道府県などに通知した。公知申請が認められた医薬品は、薬事承認上は適応外使用のままであっても、事前評価が終了した段階で保険給付の対象になる。今回対象となる医薬品と追加される効能・効果は以下の通り。
 
●ホスカルネットナトリウム水和物(販売名:点滴静注用ホスカビル注24mg/mL・クリニジェン)、造血幹細胞移植後のヒトヘルペスウイルス6脳炎
●メトトレキサート(リウマトレックスカプセル2mg・ファイザー)、局所療法で効果不十分な尋常性乾癬、関節性乾癬、膿ほう性乾癬、乾癬性紅皮症

(厚生政策情報センター)

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[感染症] 診療科の異なる医師が診療の事例も コロナアドバイザリーボード

NEW

 厚生労働省は24日、第15回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの感染状況の評価などを公表した。入院者数、重症者数の増加が続いていることを取り上げ「予定された手術や救急の受入等の制限、病床を確保するための転院、診療科の全く異なる医師が新型コロナウイルスの診療をせざる

2020/11/27