1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [診療報酬] がん化学療法で服用状況など確認、音声通話が必要 疑義解釈

[診療報酬] がん化学療法で服用状況など確認、音声通話が必要 疑義解釈

  • 公開日: 2020/4/2
  • 更新日: 2021/1/6

 厚生労働省は3月31日に通知した2020年度診療報酬改定の疑義解釈(その1)で、調剤報酬のがん化学療法に関する「特定薬剤管理指導加算2」(月1回100点)について、「電話等により、服用状況、副作用の有無等について患者に確認」は、「リアルタイムによる音声通話が必要」とし、メールやチャットによる確認は認められないことを明確にした。>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[感染症] 新規報告数0人、累計患者数1人 風しん疫学情報・第2週

NEW

 国立感染症研究所・感染症疫学センターは26日、「風しんに関する疫学情報:2021年1月20日現在、第2週(1月11日-1月17日)」を公表した。それによると、新規報告された風しん患者数は0人、第1週からの累積患者報告数は前週から1人増え、1人となった(遅れ報告数を含む)。なお、

2021/1/28