1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 第19回 本格的な在宅静脈栄養の実施方法

【連載】看護師のための輸液講座

第19回 本格的な在宅静脈栄養の実施方法

  • 公開日: 2010/12/13
  • # 注目ピックアップ
  • # 在宅看護
  • # 静脈栄養

本格的な在宅静脈栄養法って、普通の在宅静脈栄養法とは違うの?という疑問が出てくるかもしれませんね。もちろん、タイトルを決める時点でかなり考えてみたのですけど。本格的な在宅静脈栄養法とは、「とりあえず家に帰そうや」という程度ではなく、何年でも管理できる技術をもって実施する、という意味だと受け取ってもらえば幸いです。
本邦では、お国の方針として在宅医療が推進され、病院における在院日数を短縮するためには「とりあえず退院させなくては。そのためには在宅静脈栄養法も一つの方法だな」という感じで実施されている場合も多いようです。その考え方の甘さから、カテーテル感染を初めとする合併症が発生して、在宅医療が継続できなくなる患者さんも多いと聞きます。10年、20年と家で生活できるようにするのが、本格的な在宅静脈栄養法のはずなのです。

まずは用語から

すでに解説したかもしれませんが、在宅静脈栄養法の略語はHPNです。Home Parenteral Nutritionの頭文字をとってHPNです。在宅IVHと言っている方もまだ多いようですが、正しい用語はHPNであると覚えてください。要するに、高カロリー輸液のことはIVHではなくTPNと呼びましょう、というキャンペーンを私が開始してから既に10年以上になりますが、まだIVHという用語が使われています。本当、どうしたらIVHという用語はなくなるのでしょうね。それが在宅IVHという用語にも残っているのです。学会や研究会で在宅IVHと呼んでいる方の発表は、私は、正直、あまり信用しないようにしています。なぜか?本格的な在宅静脈栄養法について、たぶん、論文などを読んでいないと思われるからです。もちろん英語はhome parenteral nutritionです。IVHという用語で検索をかけると、intraventricular hemorrhage(脳室内出血)の略語、ということになります。栄養管理の領域では、勉強している方はIVHという用語を使わなくなっています。ということは、きちんと在宅静脈栄養法について論文を読んだりして勉強している方は、在宅IVHという用語は使わず、HPNという用語を使うようになっているのです。在宅IVHという用語を使っている方にはかなりきつい言い方かもしれませんが、まずはHPNという用語を使うことが、「本格的な在宅静脈栄養法」を実施するためには重要なことのように思います。

本格的な在宅静脈栄養法のIVH用語

HPNの適応は?

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

<オンラインセミナー>訪問看護で必要なスキンケアの知識とケアの実践【PR】

訪問看護の現場である在宅では、病院とは異なり限られた物品でケアを行います。今回のオンラインセミナーでは、訪問看護で求められる在宅療養者のスキンケアの基本に触れ、具体的なスキンケアの方法、さらに在宅スキンケアに必要なことについて、詳しく紹介していただきました。その模様をレポート

2022/5/16

アクセスランキング

1位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
2位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくな

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【関連記事】 * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 血管が見えない患者...

250750
7位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは  気管吸引ガイドライ...

250001
8位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
9位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
10位

【図解】膀胱留置カテーテルの導入手順~根拠がわかる看護技

持続的導尿(膀胱留置カテーテル)は、尿道の損傷や尿路感染のリスクがあり、慎重に行わなければならない難しいケアです。ここでは、手順とともにその根拠や注意すべきポイントを紹介していきます。 ...

249988