1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. コミュニケーション
  5. 患者とのコミュニケーション
  6. 第5回 みね子、患者さんへの説明でプチパニックの巻

【連載】スーパープリセプターSAKURA

第5回 みね子、患者さんへの説明でプチパニックの巻

  • 公開日: 2013/3/14
  • 更新日: 2020/3/26

患者さんに医療の質問をされた時のことを考えると、不安で眠れないみね子。一人でロールプレイングをしようとするも、何をしていいのかさっぱりわからなくて途方に暮れ始める。そんな時、またしてもスーパープリセプターSAKURAが現れて……。


桜先輩

ふふふっ。一人でブツブツ言って、何やってるの?

みね子

また現れましたね。突然の登場にも慣れてきましたよ。

桜先輩

あら! さっきからずーっと隣にいたわよ。患者さんへの説明の仕方を練習しているみたいね。だったら、私を呼んでくれればいいのに!水臭いんだから。

みね子

気軽に呼べるほど親しくないですけど……。


患者さんへの説明は口頭がダントツ

桜先輩

そもそも、患者さんに医療の質問をされた時、どんな対応をしている看護師が多いかわかる?

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

ナラティヴとは|ナラティヴと看護の接点

ul.section-nav{display:none;} 目次 ナラティヴの基本知識 ナラティヴとは 意味づけが重要 意味づけは更新される 批判・検討することが大事 なぜ看護でナラティヴが重要なのか ナラティヴと看護の接点 ナラティ

2018/5/31