1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 透析・腎臓内科
  5. 腎疾患
  6. 慢性腎臓病(CKD)・腎不全
  7. 【CKD指導】こだわりの強い患者さん

【連載】コーチング・ティーチングを活かしたCKD看護指導の極意

【CKD指導】こだわりの強い患者さん

  • 公開日: 2019/12/15

Q. リスクのある状態にもかかわらず、患者さんのこだわりが強く、自分の理屈を曲げてくれません。看護師として見逃すことはできず、困っています。

 透析患者へ、水分やカリウム制限について、何度も説明や指導をしていますが、高齢者が多いためかこだわりが強く、うまくいかないことが多いと感じています。例えば、塩分を控えてほしいのに「ごはんのとき、梅干は絶対食べたい」と言ったり、カリウムの多いバナナについても「1日1本は絶対食べたい」と言い張って、考えを曲げてくれません。

 また、病歴が長かったり自己学習を重ねている患者のなかには、自分の理屈で飲水量を決めたり、自己判断でサプリメントを飲んでしまう人もいて、指導しても、なかなか聞き入れてくれないことがあります。

 しかし、看護師としては、患者にとってリスクのある状態を見逃すことはできず、どうしたらうまく指導できるのか悩んでいます。どのように対応すればよいでしょうか?

A. いくら正論でも、押しつけてしまえば、相手にとっては「否定」です。本当にその制限は必要なのか、ほかの方法はないのか、できない患者さんのことばかりでなく、自身の知識と技術(説明力)を今一度、見直してみましょう。

 患者自身のこだわりや自己流の判断によって、医療者が指導した行動ができない、または、しない場合はあるものです。

 そんなケースに出会ったとき、「この患者さんは言うことを聞いてくれない」「理解力に乏しい」「病識がない」と決めつけてしまう医療者がいますが、それは正しい判断でしょうか。

 自分の思いどおりにならないからといって、それを患者だけの責任にするのではなく、まずは自身の指導内容が、本当に患者に理解できるものであったのかを振り返ってみましょう。

 わかりづらい説明をしておきながら、一方的に患者の理解力が乏しいと判断していませんか?またその指導した内容・制限は、現在、本当に必要なのでしょうか?「制限」とは、基本的に過ぎてから行うものです。過剰に摂取したときなどの危険性を伝える必要はありますが、数値が悪くなってはいけないからと、現在も必要のない制限をしていませんか?また、ほかに変わる手段・工夫はないのかなどについても今一度、考えてみてください。

「否定」と感じさせることで聞けなくなる患者の本音

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

「第44回透析技術認定士認定講習会および認定試験」のお知らせ

透析療法合同専門委員会(日本腎臓学会・日本泌尿器科学会・日本人工臓器学会・日本移植学会・日本透析医学会)は、標記認定講習会および認定試験を下記の通り実施します。 認定講習会について 1.受講資格 次のいずれかの資格(免許)を有し、免許証の免許登録日から申請書類提出日

2022/8/8

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
9位

セルフケア不足の看護計画|高齢による認知機能低下がみられ

高齢による認知機能低下に関連したセルフケア不足  認知症と診断されていなくても認知機能の低下を認めることがあり、その度合いによって日常生活に支障をきたすことがあります。なんらかの疾患により入院し...

313002
10位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974