1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 呼吸器科
  5. 呼吸器の解剖・生理
  6. 呼吸器の構造と役割

【連載】急がば学べ! 呼吸のしくみ

呼吸器の構造と役割

  • 公開日: 2014/3/9
  • 更新日: 2020/7/3

まず、呼吸ケアの基本中の基本である、呼吸とガス交換のメカニズムをおさらいしましょう。呼吸がどのようなもので、それによって体の中でどのようなことが起こっているのかを、ここでしっかり理解しておけば、血液ガスデータの意味や病態生理を正しく把握することができます。


気管・気管支

呼吸とは、体内のあらゆる臓器に酸素を行き渡らせ、その酸素をもとに行われた生命活動によって必要なエネルギーを得て、産出された二酸化炭素を体外に排出すること。そして、この呼吸を司っているのが呼吸器です。呼吸器の構造を空気の通り道で見てみると、鼻と口を出発点に、咽頭、喉頭、気管、気管支へと続きます。

気管支は左右に分岐し、それぞれ左肺と右肺に入り、葉気管支から細気管支へ、細気管支は終末細気管支へと枝のように分かれ、どんどんと細くなっていきます。

通常、鼻腔から喉頭または声帯までを上気道、それ以下の気道を下気道と呼びます。気管・気管支は空気の大切な通り道ですが、それだけではなく、吸入した異物などを痰として押し上げて排出する役割も持っています。

肺胞

>> 続きを読む

新着

【呼吸生理学2】ガス交換のできない肺胞があるとどうなる?

ガス交換のできない肺胞が低酸素を招く 酸素が届かない肺胞があると全体の酸素分圧にも影響する 一部の気管支に喀痰が詰まったり、細気管支や肺胞に分泌物や喀痰が貯まって閉塞が起こると、その部分の肺胞には吸気が届かないので酸素がない状態になります。 酸素がある肺

2017/6/12