1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [医薬品] キムリアに次ぐCAR-T療法薬に薬価算定方式を適用 中医協が了承

[医薬品] キムリアに次ぐCAR-T療法薬に薬価算定方式を適用 中医協が了承

  • 公開日: 2021/2/5
 中央社会保険医療協議会は3日の総会で、再生医療等製品でキムリアに次いで2番目のCAR-T療法となる第一三共の「イエスカルタ点滴静注」(一般名・アキシカブタゲン シロルユーセル)の価格設定について、薬価算定方式を適用することを了承した。1月22日に承認されており、4月中の収載が見込まれる。 再生医療等製品の保険収載の価格設定については、独自の体系を作ることを含め、中医協としては引き続き検討することとしているが、当面は、医薬品に近いものは薬価算定方式で算定し、医療機器に近いものは材料価格算定方式で算定することとされている。>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

[感染症] 新規報告数0人、累積患者報告数8人 風しん・第36週

 国立感染症研究所・感染症疫学センターは21日、「風しんに関する疫学情報:2021年9月15日現在、第36週(9月6日-9月12日)」を公表した。 第36週の新規報告数は0人となった。第1週からの累積患者報告数は遅れ報告もなかったため、前週と変わらず8人だった。なお、9月16日以

2021/9/23