1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 第1回 ずれに対するケアのポイント

【連載】ナースのための褥瘡ケア

第1回 ずれに対するケアのポイント

  • 公開日: 2009/2/16
  • # 注目ピックアップ
  • # 褥瘡の治療・ケア

褥瘡の予防のポイントをご紹介します

第一回は褥瘡の大きな要因である『ずれ』に着目して予防ケアのポイントを交えながらお話しさせていただきます。 褥瘡は骨の突出した部分などに圧迫、ずれ、摩擦などの外力が加わって発生します。 垂直に組織に圧迫がかかった場合であれば、骨の突出した部位を中心に発赤が生じます。  しかし、発赤を発見した時に骨の真上ではなく、少しずれた位置に発赤が生じていることはないでしょうか? また、褥瘡がある患者さんの褥瘡を観察し、一定方向にだけポケットができていることはないでしょうか? 褥瘡を良く観察するといろいろなサインが見えてきます。 サインを見逃さず、悪化させないケアを一緒に考えていきましょう。

ずれが生じやすいポイント

ずれが生じやすい場面と言えば、ヘッドアップ(ベッドの頭側挙上)があります。 ヘッドアップをすると、身体は自身の重みで臀部方向に下がろうとします。 逆にベッドは頭側へと上がろうとするため、ベッドに接した背部の皮膚との間には摩擦及びずれが生じます。 体内では骨に付着した組織が引き伸ばされるとともに、毛細血管も引き伸ばされたり、ねじれたり、引きちぎられたりといった状況が起こります。 このため血行が阻害されて深部組織が損傷し、褥瘡が発生したり悪化したりしやすいのです。

ずれが生じやすいポイント説明図

このままずれたままにしておくと、『残留ずれ力』となって、身体に悪影響を生じます。 仙骨部・尾骨部、背部などにある褥瘡に縦方向にポケットが発生している場合、『残留ずれ力』が原因となっていることが考えられます。 斜め方向にポケットが生じていたり、組織損傷がある場合は、ヘッドアップ後の座位姿勢の崩れが考えられます。 ずれに対して、ちょっとしたケアを加えることで、褥瘡の予防や悪化させないケアをしていくことができます。 ※ 30°以上の頭側挙上はずれを引き起こしやすいので、通常は30°以下で対応することが推奨されています。

褥瘡実際の写真

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

教えて! 在宅での保湿剤の種類と使い分けとアセスメントのポイント【PR】

知っておきたい在宅での保湿剤を使い分けと、皮膚のトラブルを発見した際にはどのようにアセスメントを進めていけばよいのかを解説します。 保湿剤だけでもワセリン、ヘパリン類似物質(ヒルドイドなど)といった種類が豊富で、軟膏状、フォーム状、スプレー状と形状も違うので、どう使

2023/1/24

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
6位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
9位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
10位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791