1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. 看護研究
  5. Step25【看護研究】推測統計の手法(その3)

【連載】初歩からわかる看護研究

Step25【看護研究】推測統計の手法(その3)

  • 公開日: 2012/9/2
  • 更新日: 2021/1/5

看護研究でよく使われる統計手法として、前回はType2実態調査研究やType6実践報告で主に使われる「χ2定数」について説明しました。今回は、Type4比較研究やType5準実験研究で効果を比較する場合に使われる「t検定」について、実際にExcelを使ったデータ分析の手順を紹介します。


【看護研究まとめ記事】
* 看護研究とは?テーマ選びと書き方まとめ(計画書、文献など)

「t検定」の手順と方法

独立のt検定

独立のt 検定は、2群間の差を比較するパラメトリックの「差の検定」です。前回と同様、血糖コントロールの研究の例で説明します。

血糖コントロール良群と不良群の、食事時間の平均値を比較したとします。食事時間は連続尺度です。良群(A群)32人、不良群(B群)28人(独立のt 検定は2群の人数がそろっていなくてもよい)の食事時間の平均値は36.3±1.3分と24.6±1.2分でした。平均値を比較すると11.7分の差があります。

t検定では、データから母集団を推測したときに、平均値に差があるといえるかを確率で示します。では実際にExcel(ここではExcel2007)を使って分析してみましょう。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

【公益財団法人 木村看護教育振興財団】2021年度 看護研究助成の募集のお知らせ

趣旨  本財団は、わが国の医療に従事する看護職者の看護教育及び看護実践の充実・向上を図るために必要な助成を行い、もってすぐれた看護職者の育成に寄与することを目的としております。    2021年度も下記のとおり看護研究助成を行いますのでご応募下さいますよう、ご案内申し上げま

2020/11/9