1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 透析・腎臓内科
  5. 腎疾患
  6. 慢性腎臓病(CKD)・腎不全
  7. 第3回 CKDのリスクファクターと進行と経過

【連載】CKD患者さんのケア

第3回 CKDのリスクファクターと進行と経過

  • 公開日: 2015/10/10
  • 更新日: 2020/4/1

腎臓にはどのような機能があり、どのような役割を果たしているのでしょうか。

ここでは、CKDを理解するのに欠かせない腎臓の解剖生理やメカニズム、CKDの経過とリスクなどの基礎知識を解説します。


主な原因

CKDは総体的な概念であることから、そこには多様な原疾患が存在します。

しかし、何らかの原因により腎機能が障害または低下した状態であり、腎機能を表すGFRがその進行を示します。

GFRの低下には糸球体障害が大きくかかわっています。

腎疾患のうち約90%が糸球体の異常、残りの10%が尿細管機能の異常によるものとされています。

主なリスクファクター

糸球体障害を引き起こす要因としては、健常人であっても、加齢による腎機能の低下が大きな原因となります。

ただし、これには個人差があり、年齢などで明確に区別することはできません。

そのほかの大きなリスクファクターとしては、高血圧症や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病や、これらの生活習慣病と肥満が合併したメタボリックシンドロームが挙げられます。

>> 続きを読む

新着

第16回 看護師が知っておきたいCKDガイドラインのポイント

診療ガイドラインとは?  診療ガイドラインの定義として頻繁に引用されているもので、米国医学研究所(Institute of Medicine)による定義があります。それによると、診療ガイドラインとは「医療者と患者が特定の臨床状況での適切な診療の意思決定を行うことを助ける

2018/2/3