1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 電解質異常
  5. マグネシウムの調整機序

【連載】代表的な電解質異常を学ぼう!

マグネシウムの調整機序

  • 公開日: 2014/7/31
  • 更新日: 2021/1/5

血清Mgの正常範囲

酵素の活性化、蛋白合成、CaやKの代謝に関係

Mgは生体内でNa、K、Caの次に多い陽イオンであり、Caとともに骨の主要な成分です。成人での体内総量約25g(2000mEq)のうち、60~70%が骨に、約30%が筋肉や肝臓などの実質臓器にあります。

細胞外液中に含まれるのは全体のわずか1%と少なく、そのため、体内Mg量の欠乏が必ずしも低Mg血症を示すとは限りません。

細胞外液の血清Mg濃度は2.0~2.5mg/dlに保たれ、約55%がイオン化Mgとして、残りは蛋白質などと結合した形で存在しています。生体機能の維持にはこのイオン化Mgが重要な役割を果たします。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

【シリーズ第1弾 心電図って面白い!】 第2話 イオンチャンネルと膜電位

ul.section-nav{display:none;} ところでイオンチャンネルって何? 脱分極と再分極について 心電図が重要なわけ、興奮収縮連関!!! 今日は週に一回、平手教授がC大学からE病院へ集中管理や手術の邪魔をしに、じ

2018/4/12