1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 小児科
  5. 【問題20】抗生剤と生食50mlを、小児用ルート 60分間で投与する時、1分間の滴下数は?

【連載】滴下数計算ドリル

【問題20】抗生剤と生食50mlを、小児用ルート 60分間で投与する時、1分間の滴下数は?

  • 公開日: 2014/9/29
  • 更新日: 2020/3/26

問題

小児用ルートを使用して、●●抗生剤を、50ml生理食塩水で溶解して、60分間で投与する指示を受けました。

1分間の滴下数はいくつでしょうか?

文具の写真

解答・解説は次のページです。

解答

50滴

解説

小児用ルートは1ml=60滴なので、

50mlの全滴下数は、50ml×60滴=3000滴となります。

3000滴を60分間かけて投与するので、

1分間あたりの滴下数は、3000(滴)÷60 (分)=50滴が正解となります。

【補足】

滴下数は以下の要因によって変化します。

  1. 患者の体位
  2. 関節の屈曲
  3. 輸液ルートの圧迫・屈曲
  4. 針の先端が血管壁に当たっている
  5. クレンメ・接続部のゆるみ
  6. 輸液ボトルと刺入部位の落差

滴下数を正確に保つためには、適切な頻度で観察を行いましょう。

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第11回 子どものフットケア ②~10歳から高校生まで

前回の子どものフットケアは10歳ぐらいまでのケアをお伝えしました。 今回はその続きで10歳から高校生ぐらいまでのケアについて解説します。 この時期は自分で爪切りができるようになり、靴も自分で選べるようになってきます。 親として私もそうでしたが子どもの足は自己管理へと

2018/11/22