1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. エンゼルケア・逝去時のケア
  5. エンゼルケアの方法・手順
  6. 逝去時のケア【クーリング編】

【連載】逝去時のケアを極める

逝去時のケア【クーリング編】

  • 公開日: 2015/2/4
  • 更新日: 2021/1/6

逝去時のケアの方法とポイントについて解説します。今回は【クーリング】についてです。


▼エンゼルケアについて、まとめて読むならコチラ
エンゼルケア(逝去時ケア)とは?目的・手順など


「クーリング」とは?

 ご遺体はそのままだと細菌により腐敗が進みます。腐敗の進行を抑えるために、ご遺体を腐敗させる細菌の発育下限温度である5℃以下にご遺体の温度を下げることを「クーリング」といいます。

ハイリスクな患者さんではクーリングが必要

 クーリングの有無は患者さんの亡くなられた場所、安置される場所にもよります。霊安室に冷蔵庫が設備された病院や施設の場合は、病室で亡くなられてもすぐに霊安室に行き、冷蔵庫に入ることができるため、特にクーリングは行わず温めないケア(室温を下げる、掛け物はシーツ1枚) で十分だといわれています。

 ただし、葬儀会社の来院やご家族の到着に時間がかかる場合で、腐敗のリスクが高い患者さんではクーリングが必要となります。また、冷蔵庫のある霊安室がない施設や在宅の場合でも、クーリングが必要です。

ハイリスクな患者さんとは?

 クーリングが必要なハイリスクな患者さんとは具体的は下記のような方々です。
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第23回 部位別のエンゼルメイク(5)尿道、肛門などのデリケートな部位(6)リンパ

臨終を迎えた患者さんの人格や尊厳が失われないよう、ご遺体がみなさんの手を離れるまでケアを行なう「エンゼルケア(逝去時ケア)」。本連載ではそのエンゼルケアの実践法を解説します。 今回は「尿道口・膣口・肛門」と「リンパ漏れ」の対応について解説します。 尿道

2016/9/17