1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 摂食・嚥下障害
  5. 摂食・嚥下障害患者の食事
  6. 第9回 摂食嚥下障害の臨床Q&A 「誤嚥性肺炎発症後の患者さんへ提供する食事形態の決め方は?」

【連載】野原幹司先生のこんな時どうする!?摂食嚥下ケア

第9回 摂食嚥下障害の臨床Q&A 「誤嚥性肺炎発症後の患者さんへ提供する食事形態の決め方は?」

  • 公開日: 2016/2/15
  • 更新日: 2021/1/6

本連載では、摂食嚥下障害を初めて学ぶ方も理解できるよう、摂食嚥下障害の基本とともに、臨床症状や実際の症例を通じて最新の嚥下リハ・ケアの考え方を解説します。


誤嚥性肺炎で入院している82歳、認知症の女性。食事再開の時にはどんな食形態から始めれば良いでしょうか?食形態を決めるときのポイントは?


誤嚥性肺炎で入院している方の食事の再開は、多くの場合、摂食嚥下機能の低下を前提に考える必要があります。今回は、食事再開時に気を付けたい安全な食形態の考え方や再開後の進め方についてお話しします。

再開は「安全な食形態から」

まず結論から書くと、主食・副食はペースト状やムース・プリン状などの形態から、水分はトロミを付与した形態から開始することをお勧めします。

ペースト食は、食物が予め潰されているため口腔内で食塊形成(※飲み込みやすい形にまとめること)が不要な形態であり、ムース・プリン状のソフト食は、舌での押し潰し程度で形が崩せる形態です。

いずれの食形態も食塊形成が不要、あるいは容易であるため摂食嚥下機能が低下した人でも誤嚥のリスクを低くすることが可能です。

また水分についても、とろみを付与することで液体をまとめる効果があり、広がりながら勢いよく咽頭へ流れ込むことを防ぐため誤嚥の予防が期待できます。

このように今回の症例の条件からは、最も誤嚥しにくいと考えられている安全な食形態から、かつ少量からの開始が良いと考えられます。ただし、経過を診ながら食形態や摂取量の変更を行うことが前提となります。

ペースト食とソフト食の特徴・使い分け

1.ペースト食

ペースト食は、一般的にシチューのようなドロッとした液状で、はじめから「食塊形成された」性状であるため、歯による咀嚼だけでなく、舌による押し潰しや唾液と混和させる動作も必要もありません。つまり口腔機能の低下した症例には最も適した形態と言えます。

しかしその一方で、ペーストの性状(ドロっとしている程度)によっては、口腔や咽頭の粘膜に張り付きやすく、嚥下時の咽頭収縮が弱いと咽頭に残留しやすいという欠点もあります(図1)。

咽頭に張付くペーストの1例

図1 咽頭に張付くペーストの1例

咽頭に残留したペーストは、徐々に気管に垂れ込むような誤嚥が生じやすく、ペーストの性状には注意が必要です。

2.ソフト食

ソフト食は、舌と上あごの押し潰し動作で形が崩せるぐらいのかたさです。舌の上下運動などが保たれている必要がありますが、ペーストとくらべて付着性が低いため粘膜にはあまり張り付きません。そのため嚥下時の咽頭収縮が弱いなどの咽頭期の障害では、ペースト食よりも残留が少なく、結果誤嚥しにくくなります。

しかし、ソフト食もペースト食同様に利点ばかりではなく、粘膜に張り付きにくい反面、「すべり」が良いため、タイミングが悪いと口腔から咽頭へ素早く流れ落ちてしまい、嚥下反射が生じる前に誤嚥が生じてしまうリスクもあります。

このように、ペースト食とソフト食にはそれぞれ一長一短があり、一概に「どちらの方が安全な食形態だ」ということは難しいです。

現場では、可能な限り摂食嚥下機能の評価を行った上で適切と考えられる方を選択します。また摂取量についても、最初は少量から開始し段階的に増やしていきます。

食形態の目標はどこに?

安全な食形態から再開しても、経過が良好であれば形態を上げていくことは可能です。

ただし、今回の症例は、入院の原因が誤嚥性肺炎、つまりこれまでの食生活で誤嚥を呈していたことが考えられ(嘔吐物の誤嚥など原因がはっきりしている場合は別です)、入院前に摂取していたものと同じ食形態では今後も肺炎を繰り返す可能性が高いと予想されます

そのため、入院前よりも少しレベルを落としたぐらいの食形態が現実的な目標になりそうです。

確実な評価には、VFやVEなどの嚥下機能検査が可能な施設では検査を依頼し、現状の確認を行うことが理想的です。

また検査が実施できない施設でも、「食形態をどの段階まで上げるか」、「変更をどのタイミングで行うか」の判断には、①食事の摂取に立ち合いムセなどの問題がないか、②摂取時以外でも誤嚥を疑うサインである熱発や、食後の痰の増加がないか、などを指標に進めていくことが可能です。

入院中はもちろん、「どの食形態から始めるか?」も大切ですが「退院時の目標をどこにするか?」にも気を付けたいところです。

退院後に施設や在宅に戻る症例では、退院時の形態がそのままその後の生活に引き継がれ、再評価の機会がないまま継続されてしまうことが多いのが現状です。

もちろん、安全な食生活は最優先事項ですが、必要以上の食形態の制限は退院後のQOLを低下させてしまいます。どこを目指すかのマネジメントも看護師さんの大切な役割ではないでしょうか?


この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

【無料サンプル進呈】スーパー食物繊維配合とろみ調整食品ですっきりしませんか?【PR】

業界初!※スーパー食物繊維PHGG配合のとろみ調整食品ですっきりをサポート ※とろみ調整食品原材料調査 ネスレ日本株式会社調べ(2018年2月現在)  飲み込む力が気になる人は、食事の摂取量が落ち、栄養低下、おなかへのケアが必要となることが多々あります。なかで

2018/11/20

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
4位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001