1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 排泄援助
  5. 排泄ケア
  6. 第3回 排尿機能に関する情報を収集しよう|病棟看護師に求められる排尿の管理とケア①

【連載】排尿自立指導料導入で増える!変わる!排尿ケアでできること

第3回 排尿機能に関する情報を収集しよう|病棟看護師に求められる排尿の管理とケア①

  • 公開日: 2018/8/12

 排尿ケアにおいては、所属する医療機関や病棟によって実践されている内容が異なることが少なくありません。ここからは、排尿自立指導の導入時にも必要とされるアセスメント・評価とケアの実際について、埼玉医科大学国際医療センターの実践をもとに具体的方法を解説します。

排尿日誌をつける・読む

 排尿日誌は、現在の排尿の状況やパターンを知るうえで欠かせない記録です。簡便かつ非侵襲的であり、排尿状態を客観的に分析・評価することが可能です。排尿日誌をつけることで、診断やアセスメントに活用できるほか、適切なケア用品の選択、排泄誘導や訓練、退院後の指導に役立てることができます。

 排尿日誌を記載する目的は、飲水と排出のバランス、排泄の状況を把握すること、失禁の状況や飲水量、1回排尿量と1日の総排尿量、排尿回数、尿意切迫感の有無や程度を知ることです(図3-1)。使用する記録用紙については、医療機関ごとに自作しても問題ありません。日本排尿機能学会では排尿日誌作成委員会によるPDF版を公開しているので、Webサイト*からダウンロードすることもできます。

*日本排尿機能学会(2017年4月10日閲覧)http://japanese-continence-society.kenkyuukai.jp/

排尿状態の把握

排尿日誌のつけ方

 排尿日誌は、最低24時間連続して記録し、できれば3日以上継続することが理想です。記録する内容には、「排尿時刻」「1回排尿量」「尿意の有無」「失禁量」「失禁の状況」「飲水量」などがあります。導尿した場合には自尿量と導尿量を区別して記入するようにします。

 失禁量については、パッドやオムツの重さから使用前のパッドやオムツ本体の重さを除いた量を記録します。排尿量と失禁量は区別しておきましょう。図3-2に当院が使用している排尿日誌の用紙とその記入例を示します。

排尿日誌の一例

排尿日誌の注意点

 排尿日誌をつける場合、24時間連続して尿量をチェックすることになります。夜間は転倒・転落に注意しましょう。また、患者さん自身が尿量測定をする場合は、目盛りのある計量コップなどを用意し、測定しやすい方法を検討することも必要です。


Column どのような排泄用具を使えばいいの?

 当院では、尿量測定をする場合、計量コップを使用しています。計量コップでうまく採尿できない場合には、洋式便座やポータブルトイレなどに設置可能な尿量測定容器を使用するとよいでしょう。当院でも今後、便座と便器の間に挟んで使用する採尿容器「ユーリパン(アズワン)」の導入を予定しています。ユーリパンは、ディスポーザブルの商品です。

ユーリパン(アズワン)


残尿測定をする

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

第26回日本小児ストーマ・排泄・創傷管理セミナー 開催のお知らせ

会期 2024年6月12日(水)、13日(木)、14日(金) 6月12日 13時開始、 6月14日 16時15分終了予定 研修内容 ストーマ術前術後のケア(低出生体重児を含む)、創傷ケア(褥瘡予防・局所ケア)、失禁ケア(尿・便失禁、自己導尿指導等) ※当セミナー

2024/3/1

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
3位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017
4位

SIRS(全身性炎症反応症候群)とは?基準は?

*この記事は2016年7月4日に更新しました。 SIRS(全身性炎症反応症候群)について解説します。 SIRS(全身性炎症反応症候群)とは? SIRS(全身性炎症反応...

250839
5位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
6位

採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等

採血とは  採血には、シリンジで血液を採取した後に分注する方法と、針を刺した状態で真空採血管を使用する方法の2種類があります。 採血の準備と手順(シリンジ・真空採血管) 採血時に準備...

250858
7位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
8位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
9位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
10位

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント

【関連記事】 * 輸液ライン(点滴ライン)作り方 9ステップ * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 【血圧異常】異常に高い血圧への対応 7ステップ Aライン...

249090