1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [診療報酬] 2017年11月時点で「急性期医療」51.2万床 アルトマーク調査

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[診療報酬] 2017年11月時点で「急性期医療」51.2万床 アルトマーク調査

  • 公開日: 2018/6/28
  • 更新日: 2021/1/6

 2018年度診療報酬改定で統合・再編が行われた入院料について、日本アルトマークは6月26日、2017年11月時点の算定状況を病床の機能別に再集計した結果を公表した。それによると改定後の「急性期医療」に該当する入院料を算定していた病床は、51.2万床で、全国的に「急性期医療」の算定割合が高い傾向がみられた。
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[診療報酬] コロナ回復患者の再転院先にも救急医療管理加算1 厚労省

NEW

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症から回復した患者の転院先の保険医療機関(以下、医療機関)にも救急医療管理加算1(950点)の算定を90日間認めるとする事務連絡を各都道府県などに22日付で出した。新型コロナ感染症から回復したものの、入院が引き続き必要な患者の受け皿を確保する

2021/1/26