1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [患者] 「受入れ条件整えば退院可能」は入院患者の12.9% 17年患者調査

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[患者] 「受入れ条件整えば退院可能」は入院患者の12.9% 17年患者調査

  • 公開日: 2019/3/5
  • 更新日: 2020/3/26

 厚生労働省は3月1日、「平成29年(2017)患者調査の概況」を公表した。人口構造の変化などを背景に、64歳以下の推計入院患者数は減少、65歳以上の推計患者数は入院・外来とも増加傾向にある。受入れ条件が整えば退院可能な患者は入院患者全体の12.9%を占め、その割合は年齢に比例して上昇し、75歳以上の後期高齢者では14.0%に及ぶ。
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[医療改革] 後期高齢者の医療費2割負担、一般区分とすべき 民間議員が提言

 政府の全世代型社会保障検討会議の民間議員を務める中西宏明・日立製作所会長が24日の会合で、後期高齢者の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる対象者について、高額療養費制度での「低所得者」の区分を除いた「一般区分」に該当する75歳以上の人にすべきだと提言した。これに基づくと、後

2020/11/25