1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 排泄援助
  5. 排泄ケア
  6. 排尿日誌のつけ方|排尿ケアに必要な看護技術

【連載】排尿自立指導料が取れる! 算定基準を満たすためのチームのつくり方・動き方

排尿日誌のつけ方|排尿ケアに必要な看護技術

  • 公開日: 2019/11/16
  • 更新日: 2021/1/6

 排尿日誌とは、患者の排尿の状態を客観的にアセスメントするために用いるものです。排尿時間、排尿量、失禁量、就寝時間と起床時間、尿意や尿意切迫感の有無や強さ、失禁や頻尿が生じた時の状況(咳をした、知らないうちに漏れていたなど)を24時間経時的に記録します(図1)。
 
図1:排尿日誌に必要な項目
図1:排尿日誌に必要な項目
 
 日本排尿機能学会では、3種類の排尿日誌を紹介しています。排尿時刻だけを記載する「排尿時刻記録」(図2)、排尿時刻と尿量を記載する「頻度・尿量記録」(図3)、排尿時刻と尿量に加え失禁の有無や程度(失禁量)、失禁時の状況、水分摂取量などの情報を記載する「排尿日誌」(図4)があります。
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[動画]排便のメカニズムを知って排便管理に役立てよう|第29回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会【PR】

排便トラブルは患者さんにとってもケアする側にとっても負担となります。より良い排便コントロールを行うには、排便のメカニズムを知っておくことが大切です。その知識をもとに便の性状から、適切な食事管理や下剤による調整を行います。この動画では、排便のメカニズムや排便コントロールについてわか

2020/11/17