1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [感染症] 風しんの啓発活動にラグビー日本代表を起用 厚労省

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[感染症] 風しんの啓発活動にラグビー日本代表を起用 厚労省

  • 公開日: 2019/8/22
  • 更新日: 2021/1/6

厚生労働省はこのほど、風しん追加的対策のポスター、リーフレット、SNSを通じた啓発活動に、ラグビー日本代表を起用すると発表した。
>> 続きを読む


 追加的対策では、予防接種法に基づく定期接種の機会が一度もなかった1962年4月2日から79年生4月1日生まれの男性を、2022年3月末までの間、原則無料で予防接種を受けられる定期接種の対象とし、市区町村からクーポンを配布する。同省は「止めるぞ、風しん!!」を合言葉にできるだけ多くの対象男性に抗体検査を受けてもらえるよう普及啓発に努めるとしており、ファン層が追加的対策の対象と重なるラグビー日本代表の訴求力に期待を寄せている。

(厚生政策情報センター)

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[感染症] 新規報告数0人、累計患者数1人 風しん疫学情報・第2週

NEW

 国立感染症研究所・感染症疫学センターは26日、「風しんに関する疫学情報:2021年1月20日現在、第2週(1月11日-1月17日)」を公表した。それによると、新規報告された風しん患者数は0人、第1週からの累積患者報告数は前週から1人増え、1人となった(遅れ報告数を含む)。なお、

2021/1/28