1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [医療提供体制] 医療事故の報告、8月は20件 医療安全調査機構が公表

[医療提供体制] 医療事故の報告、8月は20件 医療安全調査機構が公表

  • 公開日: 2019/9/13
  • 更新日: 2020/3/26

 日本医療安全調査機構は9日、医療事故調査制度の現況(8月)を公表した。>> 続きを読む


医療機関が医療事故調査・支援センターに行った医療事故の報告件数をまとめたもので、8月の事故発生の報告は20件あった。 
 同制度では、医療事故が発生した医療機関が院内調査を行い、その調査報告を同機構内の医療事故調査・支援センターが収集・分析することで、再発防止につなげることを目的としている。 
 同機構によると、医療事故調査制度が始まった2015年10月から19年8月までの間、1,472件の医療事故発生の報告があった。 
 8月分の医療機関別の報告は、病院からが19件、診療所からが1件あった。診療科別の主な内訳は、内科が4件、外科が3件、消化器科と脳神経外科がそれぞれ2件。また、院内調査結果の報告は31件、遺族や医療機関などからの相談件数は143件、センター調査の対象は6件だった。

(厚生政策情報センター)

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[介護] 各サービスの運営基準等の改正案、一部は再審議に 社保審・分科会

 厚生労働省は2日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、2021年度介護報酬改定に向けた各サービスの運営基準等の改正案を示した。提案はおおむね了承されたが、認知症グループホームの夜勤職員体制と個室ユニット型施設の定員緩和について議論が集中した。田中滋分科会長(埼玉県立大学理事長)

2020/12/3