1. トップ
  2. 看護記事
  3. [人口] 高齢化率、28.4%で過去最高 総務省

[人口] 高齢化率、28.4%で過去最高 総務省

  • 公開日: 2019/9/27
  • 更新日: 2020/3/26

 総務省はこのほど、国内の高齢者人口と就業状況を公表した。>> 続きを読む


2019年9月15日現在の推計値では、65歳以上の人口は3,588万人(28.4%)、75歳以上人口では1,848万人(14.7%)で、それぞれ人口、総人口に占める割合とも過去最高だった。また、15歳以上の就業者総数に占める65歳以上の就業者数の割合も18年時点で過去最高となった。 
 高齢者人口のピークとされる40年の推計値は、65歳以上人口が3,921万人(35.3%、19年時点と比べた場合の増加率9.2%)、75歳以上人口は2,239万人(20.2%、同21.2%)。75歳以上人口のピークは30年で、2,288万人となる見通し。人口性比(女性100人に対する男性の数)は64歳以下では男性が多いが(15歳未満では105.0、15-64歳では102.6)、65歳以上では76.9となっている。 
 65歳以上人口の国内総人口に占める割合について、国際的に比較すると(他国のデータは7月1日現在)、最高の日本に次いでイタリア(23.0%)、ポルトガル(22.4%)、フィンランド(22.1%)などの順で高い。世界の65歳以上の人口割合は9.1%。主要国の65歳以上の人口割合については、国連による推計も取り上げている。それによると、韓国の割合は50年に日本を超える。 
 総務省が取りまとめた資料では、18年時点の65歳以上人口に占める就業者数の割合についても取り上げた。それによると、全体では24.3%で、男性は33.2%、女性は17.4%。15歳以上の就業者総数に占める65歳以上の就業者数の割合は12.9%で、比較可能な1968年以降で最高だった。産業別の65歳以上の就業者数は、「医療、福祉」ではおよそ80万人で、就業者数に占める割合は9.6%。

(厚生政策情報センター)