1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [診療報酬] クロザピン患者のヘモグロビンA1c算定見直しを 厚労省

[診療報酬] クロザピン患者のヘモグロビンA1c算定見直しを 厚労省

  • 公開日: 2019/12/7
  • 更新日: 2021/1/6

 厚生労働省は4日、中央社会保険医療協議会の総会で、月1回に限り算定することができる血液形態・機能検査のヘモグロビンA1cについて、治療抵抗性統合失調症治療薬クロザピンを投与中のヘモグロビンA1cの測定で4週ごとに測定が求められる症例があることを踏まえ、「クロザピンを投与中の患者に限り、ヘモグロビンA1cの算定頻度の見直しを検討してはどうか」と提案した。>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[医療提供体制] 「かかりつけ精神科医」で論点などを提示 厚労省検討会

NEW

 厚生労働省は、22日に開かれた第7回精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築に係る検討会で、「これまでの整理と論点」などを示した。 「これまでの整理と論点」では、検討会の議論において、本人が望む場所でニーズに応じた治療を受けられる精神医療を提供する観点から、精神科医療機関

2021/1/26