1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 血液内科
  5. 血液疾患
  6. HIV感染症の治療・ケアにおいて看護師に期待すること

HIV感染症の治療・ケアにおいて看護師に期待すること

  • 公開日: 2020/3/9

2020年1月31日、ヴィーブヘルスケア株式会社主催のHIVに関するセミナーが開催されました。ナース専科plus編集部ではセミナー後にヒトレトロウイルス学共同研究センター熊本大学キャンパス 臨床レトロウイルス学分野 教授である松下修三先生へのインタビューを実施。HIV感染症の治療における看護師に対して期待すること、実際にケアに当たる際の心構えなどを伺いました。

チーム医療の中心的役割を果たし、治療の継続を支える

 我々の病院は中核拠点病院として、HIV治療については医師・薬剤師・看護師・カウンセラー・ソーシャルワーカーなどの職種からなるチームで対応しています。HIV治療の継続を左右するのは、患者さんの生活とメンタルの安定です。2,3か月に1度来院していた患者さんが急に来なくなるというケースがあり、看護師さんにはそういった事態をなくすためにチームの中心的役割を果たしてもらっています。

生活とメンタルの乱れを看る、感じる

 例えば、患者さんは医師の前では普通を装って振舞っていても、看護師さんには心の内を言えたりするものです。患者さんにはゲイの方も多く、家族関係が希薄化している場合があります。このような問題を抱えていると社会でも疎外されている可能性があり、仕事に行けなくなり、そのうち薬も取りに来られなくなる、適応障害のようなケースが起こります。実際のところ、HIV感染症・AIDS患者さんには自殺企図が多いと報告されています。その原因として、情緒障害が関係しているといわれています。

 実際の診療でも、このような社会背景を抱えている可能性を念頭において対応しています。しかし、やはり生活により近いところにいるのは看護師さんです。患者さんに寄り添ったかかわりの中で、生活やメンタルに関したケアの必要性を看たり感じ取ったりすることを期待しています。そして、生活に問題がある場合はソーシャルワーカー、メンタルに問題がある場合はカウンセラーと情報を共有するなどして、継続的な長期療養・在宅療養のサポートを行ってもらいたいです。

普通に接すればいい

 HIV陽性者やAIDS患者さんの中には、一般の医療従事者の無理解からくる言動が、とても大きなスティグマとして残っているケースがあります。過度な警戒は、反対に彼らを傷つけてしまいます。構えてしまう看護師さんも少なからずいるのかもしれませんが、それはHIVに関する正しい知識を知らない、そして慣れていないからです。現在は、患者さんに通常行っているケアを通じて看護師さんにHIVがうつることはありません。正しい知識へとアップデートした上で普通に接するのが一番です。

〇HIV曝露事故後、曝露後予防内服を全く行わない場合の感染率
・針刺し事故:0.3%(0.2-0.5%)
・粘膜曝露:0.09%(0.006-0.5%)
〇多剤併用による曝露後予防内服実施後のHIV感染確定例報告数(職業的曝露)
  0件 (米国サーベイランス 2010年12月時点)

エイズ治療・研究開発センター「血液・体液曝露事故(針刺し事故)発生時の対応」(http://www.acc.ncgm.go.jp/medics/infectionControl/pep.html)を元に作成

*注射針のリキャップをしないなどのユニバーサルプレコーションが守られてる場合。また、曝露事故後は速やかな対処が必要。

参考文献

1)厚生労働省:後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針(2020年2月10日閲覧)https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000186686.pdf
2)エイズ治療・研究開発センター:医療機関におけるHIV感染対策の原則(2020年2月10日閲覧)http://www.acc.ncgm.go.jp/medics/infectionControl/principles.html
3)エイズ治療・研究開発センター:血液・体液暴露事故(針刺し事故)発生時の対応(2020年2月10日閲覧)http://www.acc.ncgm.go.jp/medics/infectionControl/pep.html

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

血友病について知ろうー最新の治療について解説ー

2月29日は「世界希少・難病疾患の日(RDD:Rare Disease Day)」です。RDDは、希少・難治性疾患の患者さんのQOL向上を目指してスウェーデンで2008年に始まった国際的な啓発イベントです。毎年2月の最終日をRDDとし、日本では、2010年から開催されてい

2020/4/20

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
4位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001